FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

天使の空を #1

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




          何だかとっても つまらなくってさ
          何かを 変えたいわけでもなく
          何かを 始めたいわけでもなく
          何となく毎日が 過ぎていくんだ
          暗闇に 包まれているようで
          季節の移り変わりにも 気づかずに ・ ・ ・

036.jpg


          ある日 僕は
          森の中で 何枚もの絵画を 見つけたんだ
          一枚一枚が 物語の様に ・ ・ ・
          拾い集めて並べて 眺めた
          時々 瞳を閉じてね

031.jpg


          細く折れそうな枝に 腰かけて
          翼を休める天使が
          何色もの 色づき始めた木々の葉を
          片手に 並べて持って
          太陽に向けて かざして言ったんだ

          緑 黄 赤 茶 ・ ・ ・
          「 もうすぐ雪が降るね 」
          季節は ゆっくり流れてた
          いつの間にか たくさんの落ち葉で埋め尽くされて
          僕の足元からは 乾き切った音が
          響いていたんだ




今夜は宿直勤務 やる事ないんだけど、予約投稿だ ^ ^

               [天使の空を] は 明日に つづく 。 ・ ・ ・ のです。

                  お付き合い ありがとうございました ^^
スポンサーサイト



Comment

sleeping girl says..."blackout さま。"

こんばんは。

我が強い・・・う~ん、どちらかといえば気が強い。。って思いたいけど・・
他人から見たらそう映るんでしょうね^^:
まぁ 正直どちらでもいいです^^

恋愛にしてみたら、
必要以上の感情の抑えつけは、出来ない方なので
それを察した時点で、何もなかった事にしてしまうタイプですね。
きっと、面倒な事を避けているだけかもしれません。
だから、未だにこんなんなんでしょうけど・・・

それもこれも、あたしなんでそれでいいんだ。って思って過ごしてます^^
思うしかないってとこもありますけど・・・ね。。


2014.11.20 21:39 | URL | #- [edit]
blackout says...""
sleeping girlさんは結構我が強い方ですかな?
まぁ、自分も人のこと言えないですが(汗)

もし黙ってられなくて、思ったことを思ったままぶつけてるようだったら、確かに批判は多くなりますし、それに伴って敵も増えるのは必然かもしれません

自分は、幸いその辺りのバランス感覚はあるようで、こだわるところはこだわりますが、相手の反応によって、言わない方がいいか、言った方がいいかは区別してます
かといって、必要以上に自分を抑えているかと言えば、そうでもないです

おそらく昔管理職をやっていたことがあるので、その影響かもしれません

うまく言えないですが(汗)

恋愛は、異性の好き嫌いはどうしようもないところがありますよね
必要以上に自分を抑えないと付き合えないんだったら、上手くいかないですし

一緒にいて、自然と穏やかな気持ちになれるとか、相手が喜んでいるのを見ると、自然と自分も幸せな気持ちになれるとか、そういうのを感じられる相手が1番いいのかなって思ったりします

自分はまだそういう相手に出会ったことないですが(汗)
2014.11.20 01:04 | URL | #- [edit]
sleeping girl says..."blackout さま。"

こんばんは。

「自分は自分らしく生きる」
うん、これは結構貫き通してると、自分では思うの。
プライベートでも、仕事でも. . . 。
仕事の場合は、批判も多いし敵も作りやすいけど. . .
恋愛となると、ダメなのかな。。
懐かしい感覚 . . . 続くんですよね^^;
良いのか、悪いのか. .
2014.11.19 18:48 | URL | #- [edit]
blackout says...""
>何だかとっても つまらなくってさ
>何かを 変えたいわけでもなく
>何かを 始めたいわけでもなく
>何となく毎日が 過ぎていくんだ
>暗闇に 包まれているようで
>季節の移り変わりにも 気づかずに ・ ・ ・

懐かしい感覚ですね
10代とか20代の、特に前半のときによく感じていた感覚でした

自分は気付いたら、この感覚とは真逆な感覚が芽生えていました
「自分は自分らしく生きる」って細胞レベルで思えたあたりからだと思います

これが揺れることなく思えるようになったのは、去年でした
2014.11.18 22:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://19473092.blog.fc2.com/tb.php/497-17701d0a