FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

Therefore

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





急に降り出した雨が
大きな 不安を呼び寄せて

確かなものなんて
どこにもないんだと


小さな夢も
雨雲の中へ 吸い込まれ
激しい雨となり
私を打ちつける


微かに聞こえた 君の声も
雨音にかき消されていった
君の 求める女性 (ひと) が
私ではない事くらい
私は 特別な存在ではない事くらい
かなり前から
分かっていたはずなのに . . .


失うものなんて
最初から 何もないんだね
それを認めたくない自分が
いつもそばにいた


それなら いっそ
求められるべき場所へ

心の形が見当たらない同士
何から 始めようか . . .


スポンサーサイト



Category :

Comment

sleeping girl says..."芦野住人 さま。"

何もない。
何も残ってはいなかった。
今ごろ気付いたりして . . .

少しの希望となる光も、
あたし自身が見つけ出さないと
いけないのですね。
待つだけでは
強く求められる事を待つだけでは、
時間は 過ぎていくだけなのですね。
分かっているのだけれど . . .

2014.06.25 20:38 | URL | #BsqUATt6 [edit]
芦野住人 says..."Therefore"
こんばんは。

そう、何もない

時間さえ跡形もなく

押し流される

これが都会の虚

降りてくる水の塊が示す実
2014.06.25 01:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://19473092.blog.fc2.com/tb.php/382-e452b66b