FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

GlassShoe

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





硝子の 靴は もう いらない

砕け散り 積もる 雪の下へ



拾い集める事も 出来たのに

それを 拒んだ もう1人の

あたしが いた



硝子の靴が くもり

輝きを 無くす前に

美しいままで

輝いたままで



ダイヤモンドを ばら撒いたように

美しく 散った



輝いた日は 永遠に

この胸の中に しっかりと



硝子の靴は 痛すぎて

いつまでも 痛みが 残って . . .







それでも 涙は 綺麗なままで

欠片達を 求めて . . .

頬を 伝い流れ 落ち

雪を 溶かしてく . . .



スポンサーサイト



Category :

Comment

sleeping girl says..."藍の波さま。"
こんばんは。

あたしは、藍の波さんの詩が羨ましいです。
言葉ひとつひとつが深くて、
毎回楽しみに訪問させてもらってます。
ありがとうございます^ ^
2014.01.22 23:51 | URL | #- [edit]
藍の波 says..."No title"
こんばんは。

なんと美しくも哀しい詩でしょうか?
いつの間にか自分の心を重ねて読みました。

何時も言葉の煌めきを感じさせていただいています。
私もこのような詩を描きたい。
有難うございます。
2014.01.22 22:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://19473092.blog.fc2.com/tb.php/267-40942094