FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

precious *

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

君の指先がやけに冷たいから、

暖めてあげたくて、

そっと、引き寄せて強く握りしめた。


君は、恥ずかしいそうに、

僕の顔を覗き込む。




繋いだ手がすっと、すり抜けたから、

僕は驚いて、君を見つめた。


君の笑顔に、

僕は照れくさくなって、

そっと肩を抱き寄せた。







風が冷たい。


こんな遅い時間に、君に呼び出され、
少し動揺している。

いつもより、会話が少ない…


胸さわぎがする……



時計が零時を指した。



君は、僕の前に立ち、
そっと差し出した。



" 誕生日おめでとう"


……ありがとう。




とても……愛おしい


スポンサーサイト



Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://19473092.blog.fc2.com/tb.php/23-c7e053e1