FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

wings of angels

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

君は その目で何を見つめてきたの。



見えない何かに すがって…

微かに見える 今にも切れそうな

蜘蛛の糸を手繰り寄せて…


何を必死に 探していたの?



そして また何を見つめているの?



凍りつきそうな 痛いほどの…

視線の先に…。



君の心が 乱れてる…



君の翼を 奪ってしまおうか…





優しさは 与えすぎても良くないし

厳しさは 強いだけじゃ 空回り…

悲しみは… どうしたらいい?



僕は そっと見つめていればいい?

ただ 静かに…



君の翼が傷み 君の心が傷つき

君が 初めて声を上げて泣いたから

僕は 君を抱きしめた。



このまま 君を奪ってしまおうか…



何よりも 誰よりも愛おしいから…







今日は もう目を閉じて。

ゆっくり おやすみ。


明日 また高く飛べるように…。


。・°°・。・°°・。・°°・。・°°・。・°°

いつも訪問ありがとうございます。

前にも 書きましたが 詩の中で
あたしは時々 僕になります。
僕になった方が素直に
書けたりする時があるんですよね。
気持ちは 一緒だと…そう思うので。

僕の時は 女性の方は 私に
あたしの時は 男性の方は 僕に
変換して見ていただけると嬉しいです。

で、何故 追記を付けたかと…
分かりません。
この詩には ちょっとした
思い入れがあって… 。
だからかな… 。 というわけで
これからもよろしくお願いします。
長々と 失礼しました。m(__)m
スポンサーサイト



Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://19473092.blog.fc2.com/tb.php/219-f0899aa6