天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

Fairy tale

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




0622.jpg




                 夢 一 夜

                      お と ぎ 話 は 終 わ っ た よ
                      ど ん な 結 末 を 迎 え た か は
                      内 緒 に し て お く よ

                   大 切 な も の は そ っ と 引 き 出 し に 閉 ま っ て



                 夢 一 夜

                     惹 か れ る も の が 似 て い た か ら
                     引 き 寄 せ ら れ て
                     夢 中 に な っ て し ま っ た ね

                   大 切 な 人 は そ っ と (心) こ こ に 閉 じ 込 め て



                     手 を 離 し た 瞬 間 彷 徨 っ て

                     後 悔 よ り も 美 し い と 感 じ て い た

                     過 去 に 背 中 を 押 さ れ て

                     そ っ と ・ ・ ・  

                     一 歩 踏 み 出 し 歩 き 出 す


スポンサーサイト

Block puzzle

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback




0407.jpg


               もう少し ・ ・ ・ もう少しだけって

               何度 願ったのだろう

               そばにいなくても 心に残したい

               繋がっていたい

               言葉の積み木が あたしの中に重なった ・ ・ ・

               それはもう 過去として


               もう少し ・ ・ ・ もう少しで

               崩れてしまいそう

               この想いは 高く高く積み重なって

               ひとつひとつ届けたいのに ・ ・ ・

               想いが空回りして 激しく崩れてしまう前に

               私は 今を生きたいんだ


               大丈夫 ・ ・ ・ きっと大丈夫 って

               何度も 自分に言い聞かせて

               全てを払いのけ 振り返る事なく

               見えない君の想いを 求めるより

               私は私らしく この場所から始めるんだ

               ただ目の前の道を 進むんだ

Actuality

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback




0756.jpg


               流れる水のような サラサラとした感情
               それは一体 どこからくるの
               探すものさえ 何もない
               壊れかけた夢が 静かに隣に座り込む


               春の陽だまりのような君に 預けたままの心
               それは一体 いつまで続くの
               熱を帯びる事のない
               その言葉は 季節の移り変わりと同じ


0757.jpg


               あたしの想いは 君のもとに置いたまま
               水面におちる太陽が 優しいうちに
               早く返してもらわなきゃ ・ ・ ・

Reverse run

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





0662.jpg



                    誰か連れて行ってよ
                    抜け出したいだけなんだ
                    逃げたしたいだけかもね

                    見上げる空は 真っ暗で
                    溶け込めない日常に うんざりしてるだけ
                    そこに咲く花は
                    明日には枯れるのでしょう



                    飲み込んでいくだけだ
                    どんな勘違いをしてたんだろう
                    君は気付いてたんだね

                    どんなに探しても 見つからない
                    確かめた足跡に 戻る気配はないから
                    紛れた人混みは
                    幻で消えていくんでしょう



                    ずっと 咲かせていて
                    ずっと 探していて
                    ずっと ・ ・ ・ ずっと ・ ・ ・

                    そこに残るものに 気付けるまで
                    答えに導いて 欲しいだけ



Repetition

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






077_2015012522383147c.jpg



               繰り返される日々の出来事
               どれもそのひとつに過ぎない


               過ぎゆく時は 記憶の片隅に 仕舞い込んで
               待ち構える明日に 少しの恐怖を覚え
               そんなループの ほんの一瞬に
               君を見つけられたら

               どんな哀しみも 苦しみさえも
               涙というカタチで残るのに



               壊れてしまいそうな日常を
               いつまでも守る事しか出来ない


               閉じ込めた記憶は いつでも抜け道探して
               少しのクラックを 見つけ出しては広げ
               傷口に悪戯に 触れていくようで
               小さくなって膝を抱えた

               少しの間だけ 君に包まれたなら
               痛みさえも癒せるのに


Difference of one second

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




0632.jpg



                    生まれては消えて

                    何も変わらない今が過ぎる

                    一秒前の過去に 後悔する事はあっても

                    一秒先の未来に 誰が希望を持つというの 



                    走り出しては躓き

                    それでも進む事をやめずに

                    不確かなその目に
   
                    その耳に残るものは

                    駆け抜けて来た景色 

                    大地を蹴り上げる足音



                   一秒前の過去に 未来を託して

                   一秒先の未来に 過去を背負わせて

                   目を凝らして 耳を傾け過ごせばいい

                   確かなものは 今この時 

                   ただ それだけでいい

Slight strenght

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





0659.jpg




                  解いて繋いで また解く

                        消えない君

                  繋いだ先にあるのは 君じゃなくて

                        君を想う ただのあたしの心

                  解いたあとに残るのは 君じゃなくて

                        君を忘れられない あたしの心



                  想いは伏せて 夢は描いて

                        続きを創って

                  描いた先にあるのは 笑顔じゃなくて

                        遠ざかる君の 後ろ姿

                  想いの中で 君の幻を解いて

                        解いた想いは 夢の中で繋ぎ続けよう



                  あたしを支えるものは

                        ほんの少し残された 僅かな強さ



Scare

Posted by sleeping girl on   6 comments   0 trackback





0685.jpg



                 天使なんて いないんだ

                 この広い空の 何処を探しても
                 見つけることなんて 出来ないんだ

                 信じたかったのに その存在
                 触れたかったのに そのぬくもり
                 飛びたかったのに あの空へ



                 愛しい人を 見つけるために
                 みんな空に 飛び出したいだけなんだ
                 広すぎるこの空で 何が見つかるというの



                 天使なんていないんだ ・ ・ ・ って

                 この胸の中に 好き勝手に 思い描いて
                 理想のままに 創り上げてしまうんだ

                 それでもよかったのに その存在
                 思いのままの中にある 僕の天使
                 今のままで これ以上 壊さないで



                 何も言わないで 放っておいて
                 僕の大切にしたいもの その全てを
                 奪わないで 持って行かないで



Repetition

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback






0623.jpg



                    つまらない

                    毎日が とても退屈で

                    ただなんとなく 過ぎて

                    夜がきて また朝が訪れる


                    午後4時30分 雨音のリズムが止んだ

                    薄暗い部屋の中で

                    真黒なテレビ画面に写るものは

                    すべて同化して見える

                    微かに動く自分の姿を 確かめて

                    あと 数十分後には

                    漆黒の中に 堕ちてくんだろう



                    つまらない

                    自分が とても窮屈で

                    ただなんとなく 生きていて

                    朝がきて また夜が訪れる


Hourglass in a heart

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





0667.jpg



             君を知りたいのに 君を見つめたいのに
             この海はいつでも 悲しく泣くんだね
             砂時計で 時を刻むみたいに
             この瞳に映るのは すれ違うだけの想い
             耳に残る波音に 時間さえも忘れてしまいたいよ


             どうして? なんで?  って尋ねる僕に
             いつでも答えは 「 分からない ・ ・ ・ 」
             君の時の音が 聴こえないから
             恋しさも 愛おしさも 遠退いていく


             君が好きなのに 君にそばにいてほしいのに
             いつでもこの空のように 曇るんだ
             雨音が 窓硝子を叩くみたいに
             僕の心を 優しくノックしてくれたら
             流れる雨水のように 心の窓に君が映るのに



0666.jpg


Time by a feel

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





0638.jpg




               そ の手 が 必 要 な の は

               き っ と 僕 の ほ う で

               君 は い つ で も 黙 っ て 待 っ て い て く れ る

               愛 し 方 が 下 手 く そ で

               だ か ら 愛 さ れ な け れ ば 答 え ら れ な い

               そ ん な 僕 は い つ で も

               見 え な い 何 か を 必 死 で 探 し て い る ん だ



               嘘 が つ け な い の は

               き っ と 弱 い か ら で

               好 き と か 愛 し て る と か 分 か ら な い ん だ

               誤 魔 化 す の は 上 手 で

               曖 昧 な言 葉 ば か り が 行 き 交 う 中

               い つ で も 僕 は 本 当 を

               自 分 の 中 の 真 実 を 探 し て い る ん だ



Dear friend

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




0654.jpg




               君 に ま た 出 会 え る な ん て
               君 の 笑 顔 が 好 き だ か ら
               君 の 唄 が 好 き だ か ら

               悲 し い 時 は
               二 人 で 分 け 合 っ て
               嬉 し い 時 は 一 緒 に
               い つ ま で も 笑 っ て 過 ご そ う よ



               君 の 泣 き 声 は
               遠 く 離 れ て い て も
               し っ か り と 届 く か ら

               そ の 繊 細 な 胸 の 中 の
               隅 っ こ あ た り に
               僕 を 置 い て お い て
               泣 き 疲 れ て 眠 る ま で そ ば に い る よ



               小 さ な 可 愛 い 輝 く 星 を
               こ の 手 の ひ ら に 掬 い あ げ た ら
               君 の 住 む 街 に 降 ら せ よ う


               今 夜 は 君 の た め に
                         僕 は 唄 う よ


I am one point

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






0644.jpg



                  その強がりも

                  すべて 迷いの中から来てる って

                  分かっているから

                  ここにいる時だけは

                  すべてを 見せて

                  あたしが 全部守るから

                  君の弱さも 全部包むから


                  形取らなくていい

                  振り返らなくていいから

                  忘れたい過去は

                  思い出さなくていいから

                  迷わないで 泣かないで


                  あたしが 闇に追われたら

                  君が 微かな光となってくれたなら

                  君の世界が 闇に覆われても

                  あたしは 逃げたりしないから


                  ここにいて そばにいて

                  忘れないでいて


Light sleep

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






0438.jpg



                  その炎は 消せないかいから

                  せめて 暖かさだけを残こせたら ・ ・ ・ って

                  何度も何度でも 君を思い出して

                  熱いだけだと 逃げたしたくなるから

                  このカラダが 暖かさを 保てるだけの

                  温度でいたい ・ ・ ・





                  君のしか 考えられなくて

                  いつか見た夢の続きを 楽しみたい ・ ・ ・ って

                  今日も明日も 神様に お願いするんだ

                  夢の中だけだと 寂しいでしょ ・ ・ ・ って

                  いつも囁かれるけど それでも 僕は

                  夢を見ていたい ・ ・ ・



Ebb soon

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





054_201501150809452d3.jpg



               君を好きな事に 理由はいるのかな?

               終わりを 伝えてくれないと
               気づけないよ

               君が望んだ その景色を
               僕はいつまでも 思い描いているよ



               君が選んだその路に 想いはあるのかな?

               全てを 伝えてくれないと
               分からないよ

               君が見せた この世界も
               君が自身で 消して見せてよ



               君は愛する人と 永遠になるのかな?

               未来と永遠が 繋がらないと
               安心出来ないよ

               君が作った世界の景色は
               一体誰の 背景になるんだろう?



               それはきっと 僕じゃない
               気付いているはずなのに ・ ・ ・

               この想いも この景色も
               モノクロには出来ない 僕がいる




Hesitation way

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





0701.jpg




               喜 怒 哀 楽 の 通 り 道

               放 射 線 状 に 延 び た 分 か れ 道

               一 欠 片 の 追 憶 を 振 り 分 け て

               転 が し て み よ う か な



               戻 っ て 来 な け れ ば い い

               淡 い オ ー ブ に 包 ま れ て

               過 去 と い う 入 り 口 へ 飛 び 込 ん で い け ば い い 



               な ん て 都 合 よ く 考 え て み た っ て

               い つ ま で も 纏 わ り つ い て

               悩 み 迷 わ せ る の が 人 の 感 情

               恋 と は 迷 い 道





No wey out

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback




0396.jpg


               いつでもそうだよ 優柔不断

               それでも答えは 決まっていて

               自分の思い通りにならないと

               何度でも繰り返す

               「 そうだね貴方の言う通り 」

               その一言だけを求めてる



               勝手に思い込むのが 得意技で

               自己満足が お気に入り

               貴方は一体どうしたいのだろう

               気まぐれで わがままなだけでしょ

               「 貴方はもう手に負えない ・ ・ ・ 」

               もう僕には 分からないよ



               貴方の 好きにしたらいい

               正常な 思想や感覚

               論理性や 合理性なんて

               何処を見渡しても 見つからないよ

               「 とにかくもう 今日のところは さようなら 」

               それでも毎日 同じことの繰り返し ・ ・ ・




                              はい。。。 仕事の愚痴でした。
                                              失礼しました^^:
                                       本日もご訪問 ありがとうございました ♡


Winter beating

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





0660.jpg



               冬 の 寒 さ は 孤 独 に 似 て い て

               そ っ と 寄 り 添 い た く な る

               君 の 鼓 動 を 感 じ

               あ た し の 生 き る 術 を

               確 か め た く な る の で す


               見 た ま ま に 感 じ た ま ま に

               す べ て を 受 け 止 め よ う

               過 ぎ た 季 節 は

               静 寂 の 中 に 埋 れ

               時 を 刻 み 春 を 待 ち ま す


               剥 離 し た 感 情 は 無 心 に

               孤 独 さ え も 遠 ざ け て

               君 の 静 か な 鼓 動 に

               触 れ る こ と が 出 来 た 時

               あ た し は 春 の 蕾 と な る の で す



With an angel and the devil ・・・

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




0724.jpg


     一枚二枚と力尽きた羽根は 落葉ようにゆっくりと静かに舞い
     疲れ果てた夢は 幾重にも重なり
     輝きを無くした天使の笑みと共に 地上では塵となっていく
     痛みなんて感じない
     身体がとても軽く感じて
     もうすぐ静かに眠れるのかな


     心なき唄声にさえも 酔いしれてしまう
     遠退く意識の中 不思議な夢を見た
     深く碧い瞳で あたしを見つめ 静かにそっと囁く
     疲れたね ・ ・ ・  ここで少しだけ ゆっくりとおやすみよ
     迷いもなく頷いてしまう
     深い眠りに誘われて ・ ・ ・



     夢と現実の間にいるあたしは
     時々 夢の続きが見たくなって ・ ・ ・
     黒い瞳を 静かに閉じた



     疲れた天使を眠りに導いた 変わり者の悪魔は
     目覚めた天使の背中を優しく押して こう言ったんだ
     「 君がいないと つまらないじゃない
     喜びや悲しみ 希望や絶望も 真実と嘘 愛と僧 好きや嫌い だって
     いつも背中合わせでしょ
     君と僕だって ・ ・ ・ さぁ 飛んで! 」 って


     碧い瞳の中で 黒い瞳が微笑んだ


Break down

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






0636.jpg



                    夢見て 壊して
                    泣いて繰り返した夢

               摘み取った小さな花は 手のひらで踊り
               流れて流れて 見えなくなった



                    愛しさを 隠して
                    涙は 静かに閉じ込めた

               破った言葉は 光と影の狭間で 渦を巻き
               ひらりひらりと 舞い落ちていく



                    振り返ったこの場所で
                    夢の中で見た 愛しい想い

               深い空の青に 吸い込まれていくようで
               それを 追いかけるだけの心



                    いつまでも 空を眺めた ・ ・ ・
                    いつまでも いつまでも

               僕は見えない何かが そこに描かれる事を
               ただ 待っているだけなんだ ・ ・ ・


To a dear friend

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback




0653.jpg


          天使は見たんだ

          自由に空を飛ぶ姿を 思い描いては 傷み疲れた恋の羽を 広げていたね
          地上を見下ろし 手を伸ばし叫んでいた貴方
          ただ気付いて欲しいだけなのに
          その手は届かず その声は空へ 響き渡って ・ ・ ・
          恋する想いは 厚い雲に切れ間を入れたんだ
          その心が 裂かれていくかのように

          貴方の落とした一雫の涙に 写ったものは たくさんの思い出達でね
          寂しさや哀しみの中に 少しの希望を含んでいた
          一雫は 貴方の心に深く染み渡っては 広がっていき
          恋する想いは 心に湖をつくり始めたんだ
          それはとても澄んで 美しく輝いていたはずだよ


0652.jpg


          天使は思ったんだ

          湖に映った貴方は まるで自分のようで
          気付かぬうちに互いの羽を 癒しあっていたね
          この羽で また高く飛んでいける
          雲の切れ間から その先の光の中へ行こう
          涙一雫乾かぬのなら 瞳に虹を残せばいい
          貴方が疲れ 羽が傷んだ時は その虹をたよりに会いに行くよ


                                 To a dear yrifa ♥
                                      Until a day to see again 。。。


Slight fever

Posted by sleeping girl on   8 comments   0 trackback



0406.jpg



                  君が笑って 過ごしていること
                  ただ それだけでいい



                  あの頃の君は いつでも遠くを見つめていて
                  心の隙間を 何かで埋めようと
                  言葉の中に 嘘を詰め込んで
                  全てを 悲観しながらも
                  少しのぬくもりを 求めて
                  彷徨って 迷い込み
                  たどり着いた先に 僕がいた


                  僕には 君の言葉の意味が 理解出来なくて
                  それでも なぜだか気になって
                  その心の隙間を 覗いてみたくて
                  すべてを 感じさせてもらえなくとも
                  微熱程度の ぬくもりで
                  暖めあえたとき
                  向かうべき道を 見つけられたんだね



                  いま 君が寂しさを感じなければ それでいい
                  何かに 躓き迷ったら
                  また ここにおいで


                  僕の持つ少しのぬくもりは
                  いつでも 君だけのものだから



Future

Posted by sleeping girl on   7 comments   0 trackback






0411.jpg


                  スニーカーの紐を もう一度結びなおして

                  その重い扉を 開こうか

                  外の世界が 眩しすぎるのなら

                  俯いて 進んだっていいじゃない


                  つま先で 地球を叩いて 1・2・3 で

                  目の前の階段を 駆けあがろうか

                  息を切らして たどり着いた先には

                  輝く未来が 待っている





        あけましておめでとうごさいます
        本年もよろしくお願いします 

        今年はどんな年になるんでしょう? ではなくて、どんな年にしましょう ^ ^
        少しでも前向きに。 ねっ

        そうね 前にも書いたけど、やりたい事が今頃になってたくさん出てきて
        まぁ~、 到底ムリだろっ! って、思うような無茶苦茶な事以外は
        簡単なところから、少しずつチャレンジできたらいいな ^^
        いや、チャレンジしていこうって思ってます

        でもね、このブログは変わらないな。 きっと ・ ・ ・
        変わらず ドヨ~ン とした感じ ・ ・ ・
        聞こえの良い言葉で言ったら、切ない感じ ?!で いかせて頂きます。


        こんな あたしですが、これからもお付き合い頂けたら嬉しいです

        2015年もよろしくお願いします