天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

The light

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback



0277.jpg


          憧れを 夢見ていたから

          こんなにも つらいんだね 

          側にいるのは いつも君では無くて

          ただひとり 僕自身なんだ


          いつでも僕の味方は 僕自身で

          そうやって 何度も立ち上がってきた

          言葉や想いを 伝える事の

          苦手な僕でも

          やっぱり 僕自身が一番頼れる存在なんだ 

          所詮 最後は自分の気持ちでしょ

          踠いて 苦しんで しんどくなって

          初めて 答えを出して

          囁いて 導いて 光の指す方へ


          誘うのも 進むのも 結局のところ

          僕自身なんだ


スポンサーサイト

In a mirror

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






0257.jpg


          鏡に映るあの人に 聞いてみた
              あなた誰 ?
          どうして いつでも笑っていられるの ?
              ( それは鏡の中だから. . . ) って
          そう答えた気がした



          結構 イケてるじゃん!
              実年齢より 若く見えるし!
                  まだまだ これからでしょ!



          自分を自分で 励まして
              頑張ろう
                  また 明日も!



          浴室の鏡は あたしの思い通りに
              あたしを映し出す
                  今日は そんな気分


          さぁ おやすみ 。。。
              睡眠は大事だよ . . .


sleeping girl

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback







        偶然 耳にした曲 ・ ・ ・

        とっても惹かれました

        そして涙しました ・ ・ ・







        恋する心に 境界線はないんですね

        会いたい ・ ・ ・

.        ただ ・ ・ ・      それだけ ・ ・ ・



sleeping girl

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




ずっと会いたいと
もう一度会いたいと
思っていた君が
今 あたしの住む街にいる

「懐かしい人見つけたよ」って
友達からメールがきた。
「仕事中だったから 少しだけしか話さなかったけど 全然変わってなかった」
って. . . 。
出かけた先で 受け取ったそのメールに
ドキドキした。
同時に苦しくなった . . .

あたしが彼の事を
好きだった事なんて 彼女は知らない。
知っていたら
きっとあたしの事も連絡先も
聞いておいてくれていたんだろうな. . .

とても切ない . . .
少しずつ色を変えて
遠ざかり 褪せていったはずの想いは
影に隠れていただけで
こんなにも簡単に あたしを覆う。

今 君はそこにいる
会いたいな . . .
すごく会いたいな . . .

明日 あたしはそこに帰る
君は 今日 そこから離れる
会えない . . .

そういえば このブログも
君への想いが 苦しすぎて
切なくて どうにかしたくて
吐き出したくて 始めたんだ。

きっとこれが
最後のチャンスだったのかも. . . 。

Stray cat

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





0258.jpg


          そっと近寄って ずっとそばにいて
          黙ったままで ・ ・ ・
          決して 触れることなく
          ただ一緒に 海を眺めた
          時々 小さなため息をついて ・ ・ ・

          僕は 海を見つめたまま
          そんな君と 呼吸を合わせる


0263.jpg


          手を伸ばせば すり抜けて
          少し離れて また近づいて ・ ・ ・
          それでもいい とっても落ち着くんだ

          夕暮れと 微かな波の音のせいかな ・ ・ ・

Restart

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





          この向こう側へ 飛んでいきたい

          怖くて不安で 何も見えないけど ・ ・ ・


0129.jpg


          君は変わらず 静かな呼吸を 繰り返す
          僕に 気付くこともなく

          それでも空は 変わらず青くて
          雲は 静かに流れて


0201.jpg


          今を変えられないのなら
          恐れず 引寄せ 抱きしめ 受け止めて
          僕は 時間と共に流れよう

          海の見えるこの場所から ・ ・ ・

One's mind

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback


005_2014101510273966e.jpg


          迷い込んだんじゃない
          薄っぺらい世界に 嫌気がさして 
          逃げ出してきたんだ

          この先に何があるのかなんて 見当も付かないけど ・ ・ ・
          そこに居たんじゃ 何も変わらない


0237.jpg


          深い夜は 静かに闇に包まれたい
          澄んだ朝には 柔らかい光を浴びたい

          必要とするものだけがあったら それでいい
          簡単のことが 難しい世界ならいらないよ

          見つけ出したいんだ
          そんな夢のような場所を ・ ・ ・


Past and Future and Now

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





0180.jpg


          足もとに広がる陽炎
          ゆっくりと 僕を覆いはじめる ・ ・ ・ 

          青い花探すけど 見つけることができなくって
          記憶は 確実じゃなくって ・ ・ ・

          目の前に映る 寂びれた景色だけが真実なら
          それは 大切なものを失った時に
          感じた哀傷のように 痛々しい

0216.jpg


          過去に 追いかけられて
          それでも 未来はすぐそこにあって
          はじまりは いつでも自分の中にあるんだ


Indistinct

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




0186_20141012225331857.jpg


          不透明すぎるんだ ・ ・ ・
          何気なく過ぎていく日々に 置き去りにされそう
          どうでもいいルールを 作ってさ
          難しい説明書片手に 頭抱えるんだ
          なんの解決にも ならないのにさ


0229.jpg


          予測不可能なんだ ・ ・ ・
          遠慮なんてしてたら また置いていかれそう
          簡単で分かりやすいものなんてさ
          すぐ飽きて 次の楽しみ探すでしょ
          その存在  それくらいが丁度いい


                         さあ 次の行き先は ・ ・ ・


Certification

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





0134.jpg


          分からないまま ・ ・ ・
          すべて 不明なまま ・ ・ ・

          君に 認証されないまま
          僕は 僕を生きていく
          どんなに 背伸びをしても
          君に 追いつくことが出来ない事くらい 分かってる


0135.jpg


          だからかな ・ ・ ・
          君に 憧れるのは
          君の事が 好きなのは
          君を 忘れることができないのは ・ ・ ・


          でもね ・ ・ ・
          それに気付くのに 時間はかからなかったんだ

          それでも僕は ・ ・ ・ 。



Sad one ・ ・ ・

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






0253.jpg



          大好きなひかりと 僕の間に ・ ・ ・

          ほら また陰ができた


          なんの変化も いらなかったのに ・ ・ ・

          まあるく ・ ・ ・  ただ 僕を見つめる 

          まるで 捨てられた 子猫の瞳のように

          哀しく見えるのは

          薄く真っ白な雲が 少しだけ意地悪するから ・ ・ ・


          ほら また陰ができた

          ねぇ 少しだけ寂しいよ ・ ・ ・



Eclipse of the moon

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback







0191.jpg




          星の瞬きじゃ 弱いんだ

          月の光じゃ 強すぎて ・ ・ ・

          錆びついた 自転車が

          輝いて見える

          まるで 店頭に並ぶ 商品のように





          なんだ ぜんぶ 幻だったんだ

          朝になれば それに気付くよ ・ ・ ・




Essence

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback





               そっと 思い出して
               昨日までの自分を ・ ・ ・

042_20141006094706188.jpg


          どんな言葉より 嬉しかった
             どんな想い出より 眩しかった
                たったひとつ 心に咲く花
                   枯れることなく永遠に 閉じ込めよう


0171.jpg


          この風が 過ぎていく頃には
             オブラートのように広がった矛盾は
                すべて溶け出して
                   より鮮明に美しく


                      想い出を 思い出での中へ



To so ask

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





            ねぇ ・ ・ ・   雨 風 強くなってきたよ
            もう 戻ってきなよ

            君の事思うとね 落ち着かないんだ ・ ・ ・


0252.jpg


            あの時 ・ ・ ・
            首筋に そっと触れた唇には
            何も感じなかった ・ ・ ・

            抱きしめられた ぬくもりすら残らない ・ ・ ・
            あの時は 感じ取れなっかった君の温度
            今なら ・ ・ ・

            君の存在を感じられない 今日は
            君の事だけを
            考えてしまう ・ ・ ・


            時間を超えて ・ ・ ・
            やっぱり ・ ・ ・ ・ ・


            いいから 早く戻っておいでよ



Refraction

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





 


          光りの入り口へ

          それはきっと これからはじまるんだから ・ ・ ・

0174.jpg


          鮮明に映るだけが すべてじゃない

          屈折した 光の帯の中にあるもの

          その先にあるものだって

          そのすべてが君なんだ

          そう これからゆっくりと

          光りの出口まで ・ ・ ・

          

          





Flow of nature

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





          どうしようもなく 寂しくなって

          君の誘いに乗ってみたんだ . . .

          どんな時も 優しさの中に誘ってくれる

          どんな場所でも どこにいても

          僕を 笑顔にしてくれる



          ほんの少しだけ 不安になって

          繋いだ手を 強く握ってみたんだ . . .

          君は ちっとも驚かないで握り返してくれた

          ただ 黙ったままで 俯いて . . .

          君の温度を 感じたんだ



          信じていいものが 分からなくって

          君の事 遠ざけてみたんだ. . .

          それでも君は 程良い距離に いつもいて

          いつの間にか 気付かないうちに

          僕は 君を探してた



Category :