天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

The unreachable moon

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback







激しく降る雨


打ちつけられる感情


Near a certain thing?


傷みと 涙と 虚無感 . . .


あたしは 誰に気付いてほしくて


誰の 温もりを 求めているんだろう


たった ひとつの 心を


溢れさせて


The unreachable moon


まるで


無茶苦茶な 願いをかける


子供のように


この想いは 儚く . . .


遠すぎて . . .






Still my dream does not change



スポンサーサイト
Category :

Anything important

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback






隠れてないで

出てきてくれないかな

何となく 分かるような

分からないような

見つけたくって

もう一度 確かめたくて

大切な 何かと

かくれんぼ





捕まえられそうで

なかなか 近づけなくて

あと一歩のところで

逃げられて

あたしが 追いつけないのか

逃げ足が 速いのか

大切な何かと

鬼ごっこ



あの時 感じた

何かが 何なのか . . .

あの時見た

青は 何なのか . . .

いつ? どこで? 誰と? . . .





思い出す事の出来ない 記憶と


かくれんぼ . . .


鬼ごっこ . . .


Category :

wound and a pain and key

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






頭の真 ( しん ) 響く声は

懐かしくて

声の主を 求めて彷徨って . . .


擦りむいた膝は

相変わらず 疼いてんだ


気付くと

僕は ここに立っていて

擦り切れた ズボンを気にしながら

この先に 続く見えない扉を

手探りで 必死に探してんだ


この先に 何があるんだろうね

この先にも あの声は

響いているんだろうか . . .


僕のポケットに

いつの間にか 紛れていた

この鍵を 使う日は

近いんだよ

きっと . . .

その時には

きっと . . .

この 傷も癒えているんだね







Category :

collapse

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





飛べない空だと 知ったとしても

羽ばたきたいと

願ったのなら

両手を広げて . . .



泳ぐ事の出来ない 海だと

わかった瞬間 (とき ) には

飲み込まれるように

吸い込まれるように . . .


儚い夢への 浅はかな願望は

脆くも 剥がれ落ちて


永久 ( とわ ) に 永遠にと

願うあまり 痛覚すら失う


求める事が 喜びとなるのなら

今 空と海の碧を ひとつにして

このまま

このまま . . .



空の色も 海の色も 忘れて . . .

いま すべてを忘れて . . .





With you, let's become one





Category :

sleeping girl

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





う~ん。

疲れた. . .

ただ ただ 疲れた。

しか 出てこないのです。

明日は 休みです。 なので

ゆっくり 休んで

明日の夜にでも

暗~い詩~_~; の更新をしようかと

思います。



今日 こんな事や あんな事があって

思い出した。

あたしの 好きな春は

とても 短い季節だったと

いうことを . . . 。

To you

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback



空想的な その声に導かれて

感覚的な日々の中で

繰り返される 戯れ

この 右手で 掴むものは

君ではなくて . . .



現実の中で 導かれた声に

はっ として



求めた夢は 夢でしかなかったね と

そう 残した キミの言葉は

とても あたたかく


そう 言って 気遣うように

俯いた 横顔が

とても 優しく

とても 眩しくて



差し出された 右手を

そっと 握り返した



ずっと 見てくれて いたんだね

ずっと 待ってくれて いたんだね


言葉の 行方を いつも心配してくれて

心の 動揺にも 気付いてくれていたよね


返されるその一言に

励まされていたよ



こんなふうに 伝えられるまで

少し時間が かかったけど . . .



もう 迷わない

この手を 離さない

届けよう 素直な気持ち



ありがとう

いま 行くね







Category :

Staff notation

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





静かに流れるメロディに

言葉をのせて

想いをのせて






午後の陽射しに

瞼を閉じてみよう


いつでも映るのは

君の笑顔で

君を想うことで

五線譜の上で

言葉が 踊り出す


ため息ばかりの 毎日は

すべて吐き出して

心の夜には手を振って


明日 見る朝の光は

ピアノの音のように

高々に鳴り響き 輝いている



君の 心にも届くようにと

そっと 唄うから

五線譜に 込めた 想いすべてを








Category :

terrestrial paradise

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback






テレビもつけずに

音楽も聞かずに

何もしない

ただ ソファに寝転んで

間接照明の明かりひとつ . . .


天井を眺めて

外からの音に 耳を澄ます

止まっていた時間が

ほんの一瞬 動き出して

そして また ゆっくりと静止する


ここは 安らげる場所

こうして いるとね

この世界に たったひとりで

この空間以外には

なにもなくって . . . って

感じてしまう


ここは ちょっとした 楽園


なにも 起こらなければ . . .








Paper plane

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback









真っ白な Paper に

思いを隠すことなく綴ってみる


言葉の ひとつひとつが

この瞳の奥に映しだされて

連鎖する


現在 過去 未来 . . .


あたしが残してきた足跡

消した足跡

消された足跡


Paper いっぱいに

書き留めた思いや 記憶を

空に飛ばして


遠くまで 飛べるだろうか . . .

空高く 飛べるだろうか . . .

風に 流されはしないだろうか. . .


今 追い風に乗って

. . . . 飛べ !






Category :

flower which blooms next

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback








蕾が 開くとき

あたしの 心の幕が開く


君と 静かに過ごした 時の流れ

最後に 唄う詩は

決して 冷たくもなく

悲しくもない


素敵だね 。の ひと言に

蕾は大きく 膨らんで

あたしという 小さな世界に

咲いた 君という花は

散る事を知らず

たぶん きっと いつまでも

咲き続けるでしょう



次の幕開けには

新しく 膨らんだ蕾が

それ以上に 大輪で 美しい花を

咲かせるのでしょう


君という 永遠の先に

もっと もっと

深く鮮やかに 咲き誇る事を願って

あたしは

今夜も 深い眠りにつくのです。






Category :

Only in a dream

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback










困ったな。。。


これ以上は必要ない。


このままでいい。。。


だから もう何も言わないで。


また 揺れてしまう。。。


壊れてほしくない。


壊したくない。。。


だから 夢の中だけの


君でいて。。。






Category :

Think of what . . .

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback







微かに香るこの風が

あたしの 頬を優しく撫でて

心ごと 香りの中へ誘われる


薄く色をつけた この陽射しが

あたしの すべてを包み込んで

心に 色を付けていく


過ぎてきた日々が

静かに 脳裏を過っても

そこに 色はなく

香りに 酔うこともなく

単調な世界の中に

佇むだけの

あたしがいる


それが

なにを 意味しているのかなんて

自分が 一番よく知っていて . . .


今の あたしは

どんな色で 着飾っているんだろう

どんな香りを 纏っているんだろう


過去の自分を もみ消すように


君の色に染まり


君の香りに包まれたい

今 . . .
あたしは 今を生きているのだから





Category :

you . . .

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback





君のいない毎日が

あたしにとって

どうしようもなく

悲しいもので

淋しくて . . .



気付くと

君の事ばかり考えていて

会えないから

会うことはないから

余計につらくって . . .



それでも 心のどこかで

ずっと 君を求めていて

耳を済まして 声を探して

眼を凝らして 姿を探して . . .



ねぇ もう ここには来ないの

あたしの ところへは 来ないの

考えるのは

そんなことばかり . . .







Category :

sleeping girl

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback








こんばんは。

長々と、come in sight に、
お付き合い下さいまして
ありがとうございます。

ほんとは、come in sight は、#1で
終わる予定だったんですけど、
ある方から、コメント頂いて . . .
" 夢に おいで " の 一言に

う~ん ~_~;

んっ (゚o゚;; ?

おぉ~ ∑(゚Д゚)!って、なりまして . . .

皆さんから、頂いた過去の
コメントの言葉を
ひっくり返して、引っ張り出して
拾い集めて、今回 使わせて頂きました。

" 天使の涙は甘いといいな " なんて
素敵なコメント頂いた事があって、
その言葉は、" 涙って甘かったっけ?"
なんて感じに変えてみたり. . .
( かなり 変わっちゃってるぞ(^^;;)

本当はそのまま、
使わせて頂きたかったんですけど、
あたしの頭では、
文章を繋げていくのが難しく
(絶対 ムリって分かってるし^^;)
皆さんの言葉を
アレンジして使わせて頂きました。

特に、鍵コメで頂く言葉には、
素敵な言葉がたくさんあって . . .
鍵付きなんて、もったいないなぁ. . .
なんて、思ったりもしていたんで. . .
( そのまま、自分のブログで使いたいくらい、素敵な詩の様な言葉もあったんです^ ^)


んっ? もしかして. . . あの言葉って
思った方、
そうです、貴方から頂いた言葉です^ ^
ありがとう(^ ^)


今回、突然の思いつきで、
こんなブログになりましたが、
ほんと、訪問してくれる方、
コメント残してくれる方、
感謝です。ありがとうございます。

これからも
sleeping girlを、
どうぞ宜しくお願いします。






夢の中で 待ってます。
おやすみなさい(_ _).。o○



come in sight #6 . . .

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback









僕の身体も

空に 溶けていってるのかな . . .

なんて思えるくらい 軽くて感じてさ


近づく海面に 青い空と白い雲

それとね 天使が見えたんだ


白い羽をつけて

僕を見つめててさ

" やっと会えたね "

" ねぇ ここに来てよ " って

僕が笑顔で 話しかけたらさ

天使も 笑顔で同じ事を 繰り返すんだ


僕が 手を伸ばしたら

天使も 手を差し出して . . . . .








僕は いつも空ばかり

眺めていたんだね


理想は 空想に近くって

現実は 必ず何処かに

映し出されてる

それを見ないように

気付かないように . . . って

過ごしてきたんだね


僕は 天使に伸ばした手を

空に向けたんだ

ほとんど消えて

見えなくなった虹の橋に

小さく手を振って

" ありがと バイバイ " って


そしてね

僕は 天使に抱かれたんだ . . .













僕が 会いたかった天使は

僕が 求める理想で . . .


僕を 呼ぶ声は

僕自身の 心の叫びで . . .


虹の橋は

僕を目覚めさせてくれたんだ


そうだよ

全部 夢の中の出来事だからね


そうそう

僕の 流した涙はね

夢の中で

夢と気付いたから . . . かな






come in sight #5

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback






落ちていく って

感覚じゃなかったんだ

だから 怖くはなかったよ

気持ちいい くらいでさ


この思いが 向かっている先は

僕が 向かっている先は . . .

きっと

とても 素敵なところなんだ って

そんな風に 感じてさ


僕は 空を舞いながら

消えていく虹の橋に

" ありがとう またね " って

" ねぇ また会いたいね " って

何度も 繰り返し叫んだんだ

返事なんて してくれないのにさ


なぜかな . . . 不思議なのは

僕の言葉が

木霊して 響き渡ってたんだ

空の中にいるのにね . . .


そして 僕は

海に向って 吸い込まれるように

舞落ちていったんだ . . .


消えていく

虹の橋を見つめながら . . .







Category :

come in sight #4

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback






涙って 甘かったっけ?

僕の涙は

何故かキャンディのように

優しく口の中に 広がって . . .


受け止めきれない 涙は

足もとに落ちて . . .

虹の橋を

潤していったんだ


虹は一瞬 色を増して

いっそう輝いて見えたよ


でもね

だんだんと 虹は溶け出して . . .

僕の涙で

色を失っていったんだ


逃げ惑うように 走ったんだけどさ

凄い速さで

虹は 空に溶けていって. . .


あっという間に

僕は 空に放り出されちゃってね

まるで 空を舞っているようだったよ

ゆっくりと

ふわふわと . . .








Category :

come in sight #3

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback








虹の橋は 美しくてね

僕まで

虹色に 輝いている様な気になって

浮かれた気持ちで

歩き続けたんだ


ずいぶん 時間が経った

気がしたんだけど

まったく 疲れてなくてね

不思議な感覚だったよ


でもね

どこを どう歩いてきたのか

急に 気になってさ

後ろを 振り返ってみたり

見上げてみたり 見下ろしてみたり . . .






そしたらね

青い空が見えたんだ

見上げた先にも

見下ろした先にもね

澄んだ海の上を 渡っていたんだね


そこにも 青い空が映し出されててさ

綺麗でね

しばらく 見惚れてたんだけど

欠伸もしてないのに

涙が 流れてきてさ

止められなくて

止めようともしなかったのかな . . .


でね 泣きながら 思い出したんだ

僕を呼ぶ声の事

天使に会いたいと

願う僕の事を . . .


でもね 僕は

哀しくて 涙を

流してるんじゃないんだよ






Category :

come in sight #2

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





どんなに 歩いても

追いつかないし 姿も見えないし . . .

でもね

その声は 途絶えることなく

僕を 呼び続けるんだ


どれくらい 歩いたんだろうね

僕のお気に入りの スニーカーは

ボロボロになってさ

もういいや . . . って

その場に 座り込んだんだ


そしたらね

目の前に 虹の橋が見えてね

誘われるように

もう一度 歩き出したんだ


虹の橋は 僕から 遠ざかる事なく

僕を待っていてくれてね

あったかくって

この場所に 優しさを感じて

愛おしさも感じて . . .


その時は もう 天使の事も

僕を呼ぶ声の事も

すっかり忘れてちゃっててさ

ほんわかした気持ちになってね


夢中で 虹の橋を渡っていたんだ

ただ 足もとは

とっても不安定だったけどね . . .








Category :

come in sight #1

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback








天使と 話がしたくてね

ずっと 空を眺めていたんだけど

いつ迄たっても 現れなくて . . .


待ち疲れて 大きな欠伸をしたんだ

2回も 3回も . . .


そしたらね 涙が頬を伝って

足もとに落ちてった

拭っても 何度拭っても

止まらなくって . . .


さっきまで 暖かかったのに

震えるくらいに 空気が冷えて

涙まで 冷たくて . . .


そしたらね

僕の事 呼ぶ声が聞こえて . . .

僕は 天使に会うのを諦めて

声のする方へ 歩いて行ったんだ


その先に

大切な 何かがあるような気がしてさ

涙を 拭いなから

どこまでも

どこまでも . . .







Category :

Be charmed

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




元気ですか?


本当の君を 知らぬまま

本当のあたしを 見せぬまま



もう 傷つくことも ないのだから

もう 交わす言葉も ないのだから



君が この空の下で

また 新しい春を記憶として

褪せない色で

残していてくれていれば

それでいい



いま あたしが望む事

そんな 君を

あたしは ここから 想うだけで

君が 同じ空の下に いるだけで

それだけで いい



君に 出会えた事

それが 奇跡なのだから






Category :

sleeping girl

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback








今日は 少し飲みたい気分^ ^
なんか 分かんないけど
そんな気分

かと いって ひとり外に飲みに行く
度胸も勇気もないし . . . (・・;)
ここは ゆっくりと ダラダラと
お家で ^_^

色々 振り返って . . .
色々 浸って . . .

こんな日も たまには いいよね
うん、うん。
明日も仕事だから 飲み過ぎないように
しないと . . 。

そういえば どんなに酔っても
記憶だけは
しっかり残ってるんだよね。

思い出したくない事も
しっかり残って。
いいのか 悪いのか . . . (。-_-。)

まぁ ほどほどにしておこう
って いまの時点では思ってますが . .

こんな気分の時って
やってしまうんですの . . .
気付くと 「 うっ . . . . 」なんて事 。

誰にも 迷惑かけるわけじゃないから
いいのだけれど . . .

う~ん
それも ちょっと 寂しいか~_~;

大好きな月でも 眺めがら . . .
( えっ~ 真っ暗 (゚o゚;; )

好きな バンドの曲聴きながらに
変更!

それでは いただきまぁ~す。
んっ ? いただいてまぁ~す。




monopoly

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback



好きなものに 囲まれて

好きなものに 触れて

好きなものと 一緒に



月の光

その中で 照らし出される 雲の流れ

不安な心を乗せ流れてく


星の輝き

夜を裂く飛行機

煌めいて 闇の訪れを 遠ざけて


夕焼け

白と 青と 茜の中で 広がる世界

赤い太陽 悲哀は 燃やし尽くして


波しぶき

全身で感じる 自然の荒さ

打ち付けられるほどに 心に響く


春の風

緑の微かな香り 全ての命が目覚める

優しさの中に 根ずく強さ


土の匂い

晴れ間に 降る雨

思いと共に 微かな記憶として 懐かしむ


舞う蝶

花の香りに酔い 引き寄せられる

可憐に 自由に 青空の下で 思いのまま


君の詩

柔らかに 流れる メロディ

優しく 悲しく 切なく 君の世界へ



好きなものに 囲まれて 触れて

好きなものと 一緒に


すべて あたしの

あたしだけのものに してしまおう



いいでしょ

思うだけの わがまま






Category :

two of a kind

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback








誘われなきゃ 出てかないよ

面倒だし . . .

誘われても 時間通りには

なかなかね . . .


どうでもいいんだ

君が 怒ろうと

君が 困ろうと

心ほど 軽いものはないからね


君も 僕も

ふわふわ と 弾けて 消えて

互いが 互いを

俯瞰して 見つめて

優越感に 浸って


だから いいんだ

君も そう思うでしょ


そうだよ 僕たち

似た者同士







ねぇ 次は 何して遊ぶ . . .


Category :

heat haze

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




心が 浮かれ踊った後は

今いる場所は

冷たすぎて 寂しすぎて

自由を 手にしたはずなのに

何も出来やしない


求めるものは

過ぎ去った後で

君が 残した言葉の 破片が

身体中に 突き刺さる

流れ出る血液は 無色透明で

美しく 滴り落ちていくだけなんだ


どんなに 叫んでも

君が 振り向く事はないだろう

君は 幻想の中で 生きた人


いつまでも そこから

抜け出せない僕は

虚構の中で もがき苦しむだけなんだ


遙か遠くに 映る君の姿を

いつまでも 追いかけて


あやふやな 心を

持ち合わせていた頃に 戻ろうか


愛とか 恋とか そんな感情を

自ら 抱くことを知らずにいた

あの頃の 僕に



初めて 言葉にした 気持ちが

繋がらなかった 今だから

きっと

戻れるはず . . .



Category :