天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

スポンサーサイト

Posted by sleeping girl on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No way out

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





どうにも ならないよ

君への想い

嫌いになりたくても なれなくて

忘れたくても 忘れられなくて

通りすがりの 恋が

こんなにも 苦しいなんて . . .


君にとっては どうでもいい事が

あたしにとったら 重要で

もう一度

君からの " 好きだよ " が 欲しくて . . .


あたしって 寂しい女なのかな?

笑っちゃうね

あんな 強気な言葉しか返さない

女が こんな事言うなんて . . .


分かってる 自分の事だもん

これが あたし

今まで 生きてきて

出来上がって 仕上がった あたし . . .


だから 君からは

何も 望めない事くらい

ぜんぶ 分かってる






スポンサーサイト
Category :

weak mind

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





この やり切れない思いは

一体 なに . . .



愛されたい

. . . だから 全てを捨て 追いかけたい

愛したい

. . . でも 不安からは 逃げ出したい

信じたい

. . . なのに疑う 君からの 言葉達



今夜も 問う

. . . 君の 愛の カタチ

好きだよ 愛してる

言葉だけじゃ 足りないよ

心まで 感じさせて


君は 問う

. . . 心の ゆくえ

あたしは 口を噤む

そんな あたしを 君は

冷めた人と 言う



怖いだけ

あたしを 覆い尽くす

不安 嫉妬 恐怖 から

ただ 解き放たれたい と願う



声になれない 君への 言葉達

溢れるほどの 想い

心の中に 響かせて



ねえ . . . 好きだよ

本当だよ

お願い . . . 心で 感じて

心に 感じさせて






Category :

Do not disappear . . .

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback



そういえば

虹の橋 渡った事があったね


溢れ出す涙が

霞んで 滲ませて 虹は 薄れて . . .

君の場所まで

上手く 進めなかったけど


虹色は

想いのすべて

君を 好きでいる

あたしの 心のすべて

素直になれた 特別な場所


涙が 乾く頃

空は 青一色に 染まって

虹色に綴って 残した想いも 言葉も

すべて 跡形も無く 消えてしまうのかな


そんな事 望んではいないけど

その先には

君の姿は 見えないし

時間 ( とき ) の 流れは 止められないし


虹の橋は 静かに ゆっくりと

空に 溶けていくのかな






Category :

Everlasting wish

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback






私は 自由で

欲しいものは 全て手に出来る

深い海 ここは 私の楽園だと . . .

そう思っていたの


でも ときどき

差し込む光が 羨ましくて

あの光の中に包まれてみたい . . . って


そう思う様になったのは

時々 聴こえてくる

優しく繊細な 詩のせい . . .


その声は 何処か 懐かしく

この海を 覆って

限りなく 響いて

光の中へ 吸い込まれていくの





光の楽園は

たくさんの 笑顔で溢れていて

たくさんの 想いで溢れていて

たくさんの愛で溢れていて


何か 大切なものひとつくらい

失ってもいいから

夢で見る 貴方に

会いたい . . . って


深く 広い海の 世界で

感じる 空虚感は

貴方の いない世界だから . . .


今日も夢見る

地上の暖かさと 風の流れと

眩しいくらいの陽の光

そして 貴方を






Category :

All thought

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback







どんなに 言葉を並べても

どんなに 言葉を探し 集めても

どんなに 言葉の隙間を 埋めても

伝わらないと 感じるのが 想いで . . .



真っ直ぐな 素直な気持ちも

どこか 捻くれて見えるのが 想いで . . .


時が流れても 哀しみや 淋しさが

薄れることがないのが 想いで . . .




そんな想いを抱く あたしは

君に 恋していて

変わらぬ君へ 恋していて . . .



あたしの残す言葉は 君への想い

君に 贈る事はない 素直な想い


いつまでも この胸の中に

留めておく 恋という名の 想い






Category :

star which shines

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






今はない星も あの時間 ( とき ) は

美しく 輝いて

いつまでも 愛おしく 大切で



叶わぬ夢と 分かっていても

信じて 願って

今でも この空で

この胸で

輝き続けている



ふと 気付くと

必ず そこには

君の面影があって

君への 想いがあって

僕の 身体の一部分に なっていて



心は 君のそばに

いつでも 届くようにと

君からの 言葉を 想いを

待ち続けてる







Category :

struggle

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






クラクラする . . .

放った言葉が 自分に返ってくる

かなりの鈍痛


チカチカする . . .

はっきり 写し出される残像

立っていられない


ズキズキする . . .

見えない 何かを払い続ける

全身が悲鳴をあげる . . .


自分が自分であるために

何をする

見えない答えを 探し出すまで

繰り返す痛み




逃げられない . . .




逃げる必要なんてないんだ

見つけ出し

抜け出す 道も 力も きっとあるから


もう 戻ろうよ

あの時の 僕に


立ち止まらなければいい

ただ 前へ 前へ 進めばいい







Category :

another person . . .

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback







鏡に映る あたしは

偽りのない 自分なの?

涙を流して . . . 化粧も崩れて . . .

ブサイクな顔


意味のわからない思考を

繋ぎ合わせては

内容を 行動を

ひとつにまとめて . . .

優しい言葉を 並べてみたり

厳しくても あたたかな態度で

手を差し伸べて

数時間前は

そうやって つくり笑顔で 仕事して



あたしの事なんて

関係無しに 自分達の都合で

動いて 怒って 泣いて . . .


どうしてほしいの?

何が したいの?

何を 伝えたいの?


そう問われたいのは

優しい言葉が 欲しいのは

あたしも一緒で

本当は 心に余裕なんて なくて


今は もう いっぱい いっぱいで . . .

逃げ出したいくらいで


鏡を見るたび

もう一人の あたしが 顔を出す

どうしたいの?

何が したいの?

本当の自分は どこ?


鏡に 映る あたしは . . .

きっと これが 本当の あたし

今の あたしの すべてを映してるんだ






Category :

Posted by sleeping girl on   0 trackback







ごめん

空メールの 理由

気付けなかった


もう 届かない

最期の 返信


幼い頃から

いつも一緒だった あなたは

ひとり 名もない世界へ

旅立ってしまったね


そこは 暖かいですか

優しく 包んでくれますか

あたしの 声は 届きますか

あたしの 姿は 見えますか


ごめん

今の あたしには

あなたの 声が 聴こえない

あなたの 姿が 見えない


今 ここにいる 自分の 存在が

とても 不自然で


幼い頃から 集めた思い出は

変わることなく

今も 胸の中で 輝くのに

もう 思い出が

増える事は 無いんだね


最期の 思い出を 後悔として

残してしまった あたしを

あなたは 親友として

今でも 認めてくれますか?


ごめん

どうしたの? って

あの日 返信しなかった


ごめん

空メールの 理由

気付けなかった

ごめんね 。




There is more it

Posted by sleeping girl on   7 comments   0 trackback





触れた 君の指先

そっと 君が 囁いた



揺れた あたしの気持ち

ふあっ と 包まれた



今は まだ 内緒

君を 思う気持ち



もっと

特別なカタチに なってから



あたしの 心の 真ん中で

もっと もっと 好きになってから

君の 心の 真ん中へ






Category :

Burning garbage

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback







もう いいや。

あれも これも それも

部屋が どんどん狭くなる。

処分 処分 捨てましょ。


もう いいや。

あいつも こいつも そいつも

心が どんどん 荒んでく。

処分 処分 忘れましょ。


もう いいでしょ。

使うとか 使わないとか

燃えるゴミ 燃えないゴミ

まとめて全部 持ってて。


もう いいでしょ。

恋しさとか 切なさとか

独りよがり 片想い

まとめて全部 焼却炉。



すっきり さっぱり しちゃいましょ。

新たに一から 集めましょ。

広くて 真っ新な あたしの部屋 ( 心 )

綺麗なものを 少しずつ

集めて 飾っていきましょう。



もう 戻らないよ。

振り向かないよ。

そう これが あたし。

今日から よろしくね。







Category :

It is told now

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





君と 交わす言葉

幾つもの 思いが 交差する


振り返ってみれば

どんな時も

いつも近くで 見守ってくれていたね

傷付けないように

言葉を 選んでは

励ましてくれていたね


自由に なった今

分かった事 気付いた事 伝えたい


今すぐ ここへ来て

もうすぐ 春の風が 吹く


悴んだ指先も

優しさに 解けていく


君の 隣で

君の 腕の中で


暖かな 風を

想いを 感じたい

受けとめたい






Category :

Secret room

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





その携帯は

冷たい部屋の デスクの上

あたしの アドレスも

そこに 置き去りにされたまま . . .



彷徨っているのかな?

狭くて 寒くて 苦しくて . . .

もがいても 抜け出せずに

眼を閉じて

暗がりの中で 時々 差し込む光に

期待して . . .

そして また 眼を閉じて



泣いているのかな?

そんな感情すら 持てずに

ただ 眼を閉じて

眠っているのかな . . .






Category :

Meaning of the feeling

Posted by sleeping girl on   9 comments   0 trackback







こっちを向いて


君と 僕 どちらが
間違っているんだろうね


そんな時は
少し君を 疑って
心に 少し 距離をおいて . . .


こんな想いを
なんて呼んだらいい?


同じ 間違いを繰り返さないように


君の 瞳を 見つめていると
僕の方が 間違っていたんだ と
そう 思えてくるよ


謝るのは いつも 君の方で
どんな 時も 君の方で


悲しそうに 僕を見つめて
微笑んで . . .


それでも 君は 傍に 居てくれて


だから 僕は . . .
いつも少しだけ 怖いんだ


忘れないように
僕が すぐ気付けるように
君の その瞳を 思い出せるように


こんな想いに
名前をつけてくれないか


Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。