天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

スポンサーサイト

Posted by sleeping girl on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Time to sprinkle it

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback




記憶から 消えかけたのに

心は しっかり覚えていたんだ

春の陽の中で 芽生えた想いが

真冬の 乾いて 冷えた空気を貫いて

あたしを 包み込む . . .



君を 想うたび 涙が溢れて

つらくて 泣きあかした日々なんて

君は 気付いてはいないから

また ここに 訪れるんだね

暖かく 優しい声で

また あたしの 心を奪っていくんだね



届く事のない 想いなんて

いらないから

心を 落としてきたのに

届く事のない 言葉なんて

意味を 持たないから

唇を噛んで 過ごしてきたのに



その 瞳に包まれたら また同じ想いを

同じ痛みを 繰り返すんだ

今 時間が戻っていく . . .








スポンサーサイト
Category :

東京より。

Posted by sleeping girl on   6 comments   0 trackback







只今、高速の上を走ってます。
バスで移動 . . .
名古屋に、" さようなら "
してきました。

( えっ? バスで移動しない!っていってなかった? ) って、思った方 . . .^^;

えっとね~、なんだかんだ、色々と買いあさってしまって . . . σ^_^;
財布の中身が ! . . . (°_°) な、感じなもんで。バスで 帰る事にしました。
明日も 仕事お休みとってあるしね。
急がないしぃ~。

行きましたよ。名古屋城!
ほれ!




シャチホコって、ずっと見ていると
可愛いねぇ。
あたしの笑いのツボに、スッポリ入り込んで、おかしくて . . . 。
何か、顔が . . . 。どう見ても抜けた顔にしか見えなくて、笑える o(≧▽≦)o
その 可愛いシャチホコ
ほれ!



失礼な事ばっかり言って
ゴメンなさいm(__)m
シャチホコさん ^^;

もう少し居たかったな? なんて思いながら、バスを待っていたら、
なんだか、
安っぽい セットが組み立てられ . . .
安っぽい 赤いカーペットが引かれ . . .
カメラを 持つ人 、その他数人 . . .
そのセットが
ほれ!



芸能人 名古屋 ごはん 。だって!
芸能人が、来るんでしょ^o^
ねぇ、もう少しセットどうにかならないのですかぁ?
風が 吹いたら、飛んで行きそうな程
ちゃっちぃ~ んですけど ´д` ;

もう少し見てたかったけどね。
バスは、遠慮無しに発車しました。

ほんと、遠出する事がない、
あたしの心は
" 帰りたくないよぉ~。"
" もう 数日居たいよぉ~。" って
叫んでおります。

ブログに コメントしてくれた方で、
" 明日、名古屋行きます!" って
言葉に、いいなぁ~ って 。
もう一日いようかな . . .
なんて思ったり^^;
遠出や、旅行とかしないから、
ちょっと、楽しい思いすると
ほんと、帰るのが 嫌に
なっちゃうんだよね …>_<…

もしかしたら、3月中旬 . . .
行けるかな?
あたしかな?
違うかな?
たぶん、きっと、おそらく、
迷子にも、挙動不審にもならないと
思われます(`_´)ゞ

たぶん、きっと、おそらく、
大丈夫かと . . .
なんとかなるかと . . . \(//∇//)\


本日も、長々とくだらないブログに
最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

「 名古屋発、スーパーライナー8号、間も無く終点東京駅に到着いたします。」

ということで
また、明日*\(^o^)/*






Thought not to change

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






拭いきれない 想い

言い忘れたことが あって

君が 好きだよ



もう 一度

もう 一度だけ

出逢えることが あったら

伝えよう

追いかけたけど

追いつかなかったから . . .



あの時のように

無理に 寄り添うことは しないから . . .

ただ 伝えたい

この 胸の中に

置き忘れていたままの

想いを . . .











Category :

名古屋より。

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback




今日は、名古屋に来ました。
朝一で家を出て . . . ねむい(z_z) . . .
二泊三日 。
去年の夏に初めて名古屋へ ^ ^
今回で 三度目になるんだけど
どうも、遠出は落ち着かない . . .
( 遠出って あなたはどこの人・・? )


あたし、
あんまり出かける事ないんだよねぇ。
旅行なんて、ここ何年も行ってないし、
行ったとしても、人任せf^_^;)


公共の交通機関は、とっても苦手で、
電車乗るのも、バスに乗るのも、どうしたらいいの? どこ行けばいいの?って
焦りまくりなもんで . . . >_<
(もう~ いい 大人が恥かしい . . . 成長してないねぇ~ )


名古屋とはいえ、あたしにとったら、
一大イベントなんです
(じゃあ、海外なんて どうなっちゃうの? ねぇ 。∑(゚Д゚) )


過去に訪れた時は、目的を済ませ、
とっとと、とんぼ返りで慌ただしく、
ゆっくりする暇もなかったけど、
(する気があったらできたでしょ(¬_¬) )


今回は、最後の日くらいは、
楽しんで帰りましょ。って思って. . .
で、何がある?. . . ? ? ? ? ?


う~んと、
とりあえず、名古屋城には行こう!
で、他は . . . ? ? ?
(まぁ、探せば 色々あるでしょ ^^; )

そんな色々まわってる時間もないし. . .
城へ行こう! 城! ここは、必ずね。
( たどり着けるのか? 着いたら着いたで「 殿~ 」とか叫びそう . . . うわっ~ 恥かしい )


関東. . . いや、地元から、あまりでないから、目的地直行意外の 自由行動には、自信がなく
( ほんと? 直行だって 怪しいじゃん。)


迷子に、挙動不審に、なりそうです。
なんてったって、
とんでもなく方向音痴なもんで. . .
( そういえば、前回 も一回では、目的地には、着かなかったよねぇ(´・_・`) )

とにかく、用事済ませたら、
最終日は楽しみたい。って
思ってるけど. . .
どうなることやら^ ^
(ほんと、どうなることやら. . . )


そうそう、前回の名古屋へ出かけた時 のブログでは、夜行バスで移動。なんて書いたけど、今回は新幹線!
なんて、楽なんでしょう。
もう二度とバスなんて乗れません。


でも、しょっちゅう訪れる事になったら、また、
バス移動 選ぶんだろうなぁ. .
( 節約と言えば、響きは良いが. . . 本当のとこ どうなの? ケチなの? そうでしょ⁉︎ )




~ ~ ~ ここまでが、
行きの新幹線の中で
つらつらと書き綴ったことで. . .。


今、夕食を終えてホテルへ、
戻ってきました。
( しっかり ビールなんか飲んでるしねσ^_^; )


でね、なんだかんだ言って、迷いに迷って、疲れ果てまして . . .
バスは、乗り違えるし . . .
結構、歩いて . . .
はぁ~ ほんと 疲れました~_~;
( 誰のせい? はいっ。自分のせい!)


明日は、こんな失敗は、
許されないので
早めに起きて、
早めに出動する事にしました。
(それでも、心配だよねぇ~(´・_・`) )


と、いうわけで、ホテルからの
眺めを!






( なんにも、分からない . . .
ここ名古屋 ? ほんとに?)
本当です(^-^)/


明日の 準備して、
シャワー浴びて
今日は 早めに 眠ろうかな。

最後まで、お付き合い
ありがとうございました。
( ほんと 長々と
申し訳ありませんでしたm(__)m )

では、
おやすみなさい(_ _).。o○



Snowy fairy

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback






明日が見えない

そんな想いを抱えて

過ごす日々の中



突然 流れ出した

響き渡った

あたたかい 詩



頬を 刺すほどに 冷えた空気も

涙に 変わりそうな

雨雲 の 隙間から

光を ぬくもりを

運んでくれた

こんな あたたかく 響く詩を

くちずさむ君は 誰 ?



勝手に 創り上げる

君の シルエット

君の 歌声

君の名前は . . . ?



そう 君は あたしの中に

やってきた 冬の妖精

Snowy fairy







Category :

The sun and moon and thought

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





哀しみや 寂しさは 手放そう

太陽は 憂鬱な思い すべてを

抱いて 沈んでいく

燃やし 尽くし

何も 残すことなく

憂いの 陰など 跡形もなく

茜に 染る



月は いつでも どこにいても

あたし達を 照らし出す

陰も 陽も

全て 知っている

嘘も 強がりも 涙さえも . . .

隠すことなく

さらけ出す


いつでも 見つめられている

あなたの事も

あたしの事も . . .

一人じゃないから

あなたを 取り巻く人達を

あなたと 繋がっている 人達を

場所を変えて 視線を変えて

もう一度 見つめ直してみて

何が 必ず 違って見えるはず



だから

生きていけない . . . なんて

言わないで。





こんな事で あなたの

孤独も 寂しさも 変わらない . . .

分かっているよ

でもね こんな事しか

出来ないんだ



Category :

bravado

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback






嫌だ

このままなんて

君の声も聞けぬまま

君の笑顔も見れぬまま



嫌だ

この現実

真実を 知らぬまま

本当の 君を 知らぬまま



嫌だ

こんな自分

伝えたい 想いも 届けられず

ぬくもりさえ 感じとれず



嫌だ

このまま 君の中から

跡形もなく 消滅する事


だから

だから . .

どうしたらいい . .

誰か 答えてよ . . .








涙なんて 誰にも

気付かれないように 流してきた

ひとり どこかの 隅っこで . . .


なのに

なのに . . .

今の あたしは . . .



それでも 君には

強がる 自分しか見せられないんだ . . .


Category :

I in you

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





哀しみの中に いる時は

気付くことは ないでしょ



だから 少し離れた場所から

自分を 傍観してみんだ



僕に 足りないものは . . . って

それは 逆に 大袈裟過ぎるくらい

あるもので . . .

溢れるほどに あるもので . . .



全てが 空回りしていて . . .

全てが 上手くいかなくって . . .

全てが 君の 負担と変わってく




だから

だからね . . .

少し 離れたところから

今度は

君を 傍観することにしたんだ






確かな 時間 ( とき ) を

手に入れたいから . . . 。


Category :

wait for spring

Posted by sleeping girl on   7 comments   0 trackback






長い髪が 風に揺れて

優しい香り 振りまいて


君は ひとこと

「 おちつく 匂い 」 って 呟いた


そんな 春の 風が

ほら もうすぐ そこに . . .

あと 少し . . .


もう一度 君の声に

君の 笑顔に

出逢える春を 夢見て . . .








Category :

Blow a spring breeze

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






揺れている この想い

落ちつく日は いつ訪れるの



大嫌いな 冬の 震える夜



今まで 君を 待っていた時間は

特に 何を するわけでもなく

何となく 過ぎて いたけど

待つ必要も 無くなると

ただ 寒いだけなんだ . . .



君には

もう 暖かな部屋が

あるのかな . . .






早く 春が 来ないかな



揺れる 想いも

震える 夜も

暖かな 優しい風に お願いして

空に 預けてしまうのに


Category :

Flower

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




The words that you

left still glisten in memory.






The flower which I got from you

continues blooming

without dying.


So, the flower blooming

in the heart

melts into it in me with being

beautiful forever.


Category :

stolen

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






切り取られてしまった

僕の 身体の一部分


ポッカリと空いた このポイントに

何を 詰め込もう

何を 流し込もう


痛みだけは 抱えたくないけど

このままじゃ 酷くなる一方で


どうしても

いつまでも 疼いて

治まることが ないのは

眠れない夜のせい?


頭の中を 掻き回してみても

撹拌されない 君との 思い出のせい?





君に 盗まれた

僕の一部分

今でも 君から 戻ってこないんだ


Category :

In the dream is . . .

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





君に限るよ 新しい朝

思い出が 涙に変わる前に

僕を見つけて

朝陽の中で

君だけを 待ち続けている 僕を







また見せてよ 静かな夜

言葉が舞う 優しく語って

安らぎの中に

堕ちてゆくように

僕の中に 溶け込んでいく君を


Category :

Without changing

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






何度も 何度も

心で 叫ぶ 君の名前



君の心が 枯れ果て

散りゆく花のように

舞っていたとしても

僕の 今は

あの時と 変わらぬまま

ここに あって . . .



ずっと この場所にあって



何度も 何度も 叫ぶ

愛の 言葉 . . .





君の 残像に 羽交い締めに

されたまま . . .

抜け出す術が 分からぬまま . . .

僕は 今を 生きていく


Category :

Month and you

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback




言葉なんて

いらないから . . .

君の 温度を

感じていたい . . .

そんな 距離に いたい






見上げた月は さみし気で

何か 言いた気で . . .

哀しく 見つめ返された


分かっているよ

だから そんなに 見つめないで


君までの 距離は

遠すぎることくらい . . .


Category :

Now I remember

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback






何気なく ページを 開いたら

何故か 気になって

何処かに 懐かしさを感じて

不思議と 同じページに 留まって

毎日 毎日 訪れては

懐かしんで 言葉の 意味を 求めて



ふと 思い出した

気になる 意味を

懐かしさの わけを







好きな言葉を 10 貰っても

100 囁かれても

その ひと言に

太刀打ち 出来る事は なく

どんな 言葉より 重く 響いていて

気付いては いないでしょ

気付かれては いないはず

僕の 心が 反応する 言葉を



そして 我に返る

今でも

進むことのない ページの中に

残されたままの 僕 . . .

過ぎ去った 時間 . . .


Category :

substitute

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback









僕は 愛することで 癒されて

君は 愛されることで 満たされて



遠くを 見つめる目は

ふたつの心を ひとつに

することはなく . . .


見つめた先にある

揺れる影を 追いかけて . . .


行き場のない 想いを 抱えたまま

迷い子になった 心は

安らぎを 求めて

僕は 君を探す

君は 僕を見つける



そして また 同じ空間にいる

君を 愛することで 僕は癒されて

僕を 愛することで 君は満たされて


Category :

Song without the sound

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback




あたしは まだ ここで

唄っていてもいいのでしょうか?




もうすぐ 夜が 明ける

眩しい 光の中で

探すことは 出来ないから

光となる前に

もう一度 . . .

君と 繋がりたい



ふんわりした

柔らかい 月明かりの下で

見た夢は . . . 描いた想いは . . .

眩しい光のなかじゃ

儚く消えて . . .




あたしは まだ ここで

唄っていてもいいのでしょうか?

Category :

陽だまり

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






今日は ふんわりと 陽がさして

窓際が 心地いい




耳を 澄ましてみて. . .


優しい声が聴こえる

鳥が 歌うように

風が 囁くように

陽だまりの中

身体ごと 宙に浮いたように

夢の中へ 誘われたような

そんな 土曜の 午後




外へ 出よう

暖かいうちに

今日は 昨日までの

上着は 必要なさそうです









返詩です(*^_^*)

詩を贈ってくれた方に . . .

嬉しかったもので!

今日は、久しぶりに

光の射す 舞台の上にいるようです。


Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。