天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

yearning

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback





触れて しまったら


壊れてしまう


そんな もろい 恋



だから . . .


冷たいくらいが いい


熱を 帯びないくらいが


ちょうどいい





スポンサーサイト
Category :

Place to arrive at

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




何かが 終わりを迎えて


振り向けば ひとりぼっち . . .




ここに 咲く意味がなくなって


ポツンと 残されて . . .




空が広すぎて


何処に散り 舞っていいのか


分からない . . .。





Category :

嫌い

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback






君が嫌い 。

自分勝手で . . .

あたしの事は どうでもいい

って感じで . . . ばかっ!



あたしは 君が 大嫌い 。

本当に 大嫌い . . .


ただ . . .

なぜか つらいです 。





Category :

disposal site

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





恋しさ

愛おしさ

切なさ



夜の 風に

吹かれて 消えた

行きつく 先は




砂だまりの ような

はじっこ

こころの 隅っこ

sleeping girl

Posted by sleeping girl on   8 comments   0 trackback





やってしまいました . . .

午後から、身体がダルくて
なんとなく 腹痛を感じ . . .
熱を測って、
「あ"ぁ~っ」 でした。
体温計の記した数字 . .
37.7℃ やっちゃった (・・;)
背中を押され、
掃き出される様に、追い出され、
職場から帰って着ました. . . 。

インフルエンザを疑いますよね。
この時期だもん。
その場で検査しても、
結果は、まだ出ないだろうから、
明日、検査するとして . . . 。

あたし、インフルエンザに罹った記憶が、ないんですよね ^^;

ふふっ ^ ^ 結構、健康体。
なんといっても、平熱が高いのです。
36.7℃~37.0°c 位あるし、
風邪も滅多に引かないし . . .
なのに、珍しく、熱出して . . .

夕方5時にはしんどくて、
計ってみたら、39.1℃ . . .
「きゃあ~っ」って、なって、
余計にダルさも増して、
頭も痛くなってきて、
22時頃まで、爆睡してまして . . . 。

起きて、も一度 測ったら、37.6℃ 。
解熱剤も飲んだしね。
下がって当然なんだけど、
確実かな、インフルエンザ (-。-;
ダルさは、あるけど結構動けるし、
B型 . . . かなぁ? なんて . . . 思ったり。

眠気がこないので、ブログ書いてたら、眠くなるかなぁ. . . なんて、
都合のいい事、考えてたんだけど、
ヤバイなぁ . ..
すごく ダルくなってきちゃいました。

今年は、B型が早めに
動き出してるみたいです。

これからが、
インフルエンザのピークです。
皆さんも、気を付けてくださいね。
あったかくして、
手洗い、うがいは、忘れずに . . . って、
あたし、
ちゃんとやってたんだけどなぁ (・・?)

では、おやすみなさい(_ _).。o○

GlassShoe

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback





硝子の 靴は もう いらない

砕け散り 積もる 雪の下へ



拾い集める事も 出来たのに

それを 拒んだ もう1人の

あたしが いた



硝子の靴が くもり

輝きを 無くす前に

美しいままで

輝いたままで



ダイヤモンドを ばら撒いたように

美しく 散った



輝いた日は 永遠に

この胸の中に しっかりと



硝子の靴は 痛すぎて

いつまでも 痛みが 残って . . .







それでも 涙は 綺麗なままで

欠片達を 求めて . . .

頬を 伝い流れ 落ち

雪を 溶かしてく . . .



Category :

Depth of the sea

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




正解のない答え

伝える事の 出来ない言葉は

君と 僕の

限られたルールの 内 (なか)にあって

答えを 出してはいけない

口に してはいけない



考えすぎて 悩みすぎて

頭を かかえて



疑問が 怒濤のように 押し寄せて

拐われて 深い海の底に

葬られるように



手を伸ばしても 届かないものが

多すぎて

海面を 揺らしながら 差し込む光が

恋しくて



それ以上に 君が 愛おしくて

このままふたり

陽の光を 浴びることなく

このまま ここで




Category :

Cell

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback




月の光の中で

思いきり 澄んだ空気を

吸い込んだら

細胞 ひとつひとつが

小さく反応する

弱り果て 今にも壊れそうな 小箱が

浄化され 少しずつ 蘇る

時間をかけて ゆっくりと

朝を 迎えたら

あたしは 自身の浄化を終え

新しく 生まれかわる






. . . なんて事になってたら
いいのにな^_^;

満月です。
願い事は、たくさんあるけれど、
たった ひとつだけ 願いをかけます。

届けば、嬉しいけどね。
届かなければ、
月のせいにして. . .
小箱 (細胞) の弱さのせいにして. . .
浄化しきれなかった事にして. . .

開き直って過ごしましょ^ ^

では、おやすみなさい(_ _).。o○




Category :

not let go

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback





哀しみの中に たたずんで

足早に

過ぎて行くだけの 季節には

気付かない フリをして



何を 手にしたいのか

何に 縋ろうとしているのか




何度も 何度も 繰り返される

優しさの中にある

痛みに 耐えながら

その手を 繋ぐ



今度は 振り落とされないように

しっかりと 握りしめて




Category :

Definite eyes

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback


その 瞳の奥の また奥に

隠された思い

何を 思って

何を 映し出しているの




その 言葉の裏の もっと奥に

とどまる思い

何が 真実で

何が 嘘なの




一瞬の 影さえ 逃さない

一瞬の 濁りさえ 見つけ出す




その 奥底に

潜むように 住みつく

影も 微かな光も




君の 本当を 見つけ出す

瞳を あたしは 持っている





Category :

Waning rainbow

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





あの頃に少しだけ 戻りたいな

ふと 訪れた偶然が

虹彩となって 鮮やかに

輝き出した あの日に。




この時間を

ほんの 少しだけ 巻き戻して

虹の橋を 渡る

そんな あたしを 遠くから

眺められたら . . .




躓かぬよう 迷わぬようにと

道標と なるものを

導く光と なるものを

与えられたら

ぶつからずに 傷つかずに

進んで 行けたのかもしれない . . .






美しく 空に 架かる虹は

時間と共に 薄れゆくもの . . .。


Category :

story

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






優しい君は 創りもので

いつでも 君の中で storyが

出来上がっていて



その中で あたしは踊る

美しいドレスを 纏って

輝く靴を 鳴らして

透けるような 美しい声で歌う




楽しそうに 見つめる君は

満足そうな 笑みを 浮かべて

次のstoryを 考える




そして

また あたしは 踊り出す





Category :

From there on

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





ひとつ また ひとつ 消えていく。


どれだけの 時が経って

どれだけの 笑みを失い

どれだけの 涙を流し

どれだけ 影を 追いかけたのかな。





途方に暮れて 悲しくて 淋しくて

そんな あたしを そっと 拐っていった。


少しずつ ゆっくりと

あたしの中に 入り込んで . . .



ひとつ また ひとつ 消えていく。

すべてを 消し去ってくれないかな . . .



そんな 都合のいい事 考えながら

間違いなく 惹かれてる。


決められた スペースの中で

はみだした 幸せは

今度は 自分自身で 消し去って

いくんだね。




Category :

Again some day

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






また いつか

出逢える事が 出来たら

素直に 言えるかな


感じるまま

心のまま




また いつか

出逢える事が 出来たら

一緒に いれるのかな


その 腕に

その 胸の中に





君の いない世界で

あたしは 小さな夢を

描いては 捨て


想いを 膨らませては

未来と 過去の間の

行ったり 来たりを 繰り返す . . .

Category :

I cannot go ahead

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





さよならが

過ぎた日か どうかなんて

君にしか 分からないから . . .




でもね

僕は まだ受け入れことが

出来なくて . . . 。




声を 震わせて 泣いていた君を

引き止めることも 出来ずに . . .

ただ

抱きしめたかった だけなのに。




震えていたのは 僕のほうで

ただ 時間だけが 過ぎて. . .




それでも

まだ 君へ 届けたい 想いが

溢れて 出て




いつまでも

立ち止っているのは

僕の ほうで . . .




震えているのは

今でも 僕ほうで . . . 。




Category :

give me a wing

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback





強がる 言葉には

気づいてはくれないまま


もう 二度と戻らないと

分かってるのに …


変わらない想い

色褪せない 君の笑顔

君の 後姿

今でも 響く君の声

微かに触れた 手のぬくもり



空へ 放り投げられたまま

彷徨う あたしの心


戻ることのない

光となった 君





光を追える 翼がほしい …

Category :

illusion in the reality

Posted by sleeping girl on   11 comments   0 trackback




懐しいと 感じたのは

たぶん 勘違いで


愛おしく 思ったのは

きっと 気の迷いで


信じる事は

容易くできて

信じ続ける事は 難しい


そんな簡単なこと

分かっているのに

気付かないふりをして



懐かしさも 愛おしさも

心の中に

映しだされた 幻だと 感じて



そう 今なら まだ

戻ることも 出来るはず…









Category :

A butterfly which wanders

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback






君の 紡ぐ言葉が 躍りだす

蝶のように 美しく 舞って




選ばれた 言葉達は

寂しげで 悲しげで

その想いの 向かう先は . . .



言葉だけじゃ 満たされない心

何かを求めて . . . 彷徨って . . .

ひと文字 ひと文字に

込められた想いは

涙のようで . . . 。





君の 紡ぐ 言葉達は

あたしの中に 溶け込んで

この想いの 向かう先は . . .



君の 乾ききった心の 隅っこで

落ちては 消えゆく 言葉達を

救えぬまま . . . 抱けぬまま . . .

ただ ただ . . . 見つめているよ。







すみません。一日に何度もくる迷惑なコメントに、困っているため、拍手のコメント欄は、締めさせていただきます。



Category :

One rose

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback




何処かに 置き忘れてきた

無垢な思い



真っ赤な 薔薇一輪は 美しいと

美しく 舞う花びら


真っ赤な 薔薇一輪は 悲しげだと

無残にも 散る花びら



いつの間にか

知らぬ間に

何処かに 忘れてきた

純粋な心 . . .




時と 共に 薄れゆく

鮮やかな 薔薇の 赤




変わることのない

薔薇の 香りに酔いながら

あなたを 想う . . .

Category :

Last one

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback



止めを刺す…

Last one で Stop したまま . . .



何を 躊躇う . . .


恐れるものなんて 何もない

後悔することも 嘆くことも . . .

誰かに 遠慮する 必要もない



消し去ってしまえば

真っさらな自分に

戻れるはずなのに . . .




繋ぎとめて おきたいと いう思いが

心の裏側で 邪魔をして . . .

Last one を

消し去ることが 出来ずにいる





苦し過ぎて

切なすぎて

乱れた心を 置き去りに . . .




Category :

Feelings to be haunted by

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






なにか ひとつだけでいい


いつでも どこでも どんなときでも

そばにいる

繋がってる

そう 思えるもの ・・

そう 感じる 確かなものが 欲しい



恋って なに ?

愛って なに ?

それが 何なのか

よく分からないから

さみしく なったり

かなしく なったり



好きとか 嫌いとか

いつも 背中合わせで

苦しくて ・・

切なくて ・・



ずっと 付きまとう 情動 ・・・

人を 好きになる という事

きっと そういう事 ・・・


・・・ だと 思いたい。




Category :

zero

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback





どんなに 頑張ったって . . .

どんなに 繕ったって . . .

何かが 足りない



それが 何なのか

分かっているのに

認めたくない 自分がいて . . .



優しい言葉に

流されてしまいそうになる



そんな自分が

悲しくて

惨めで



後悔して 悔やんで

泣くだけ 泣いたら



すべて 消し去って

もう 一度始めよう


新しい朝は 必ずやってくるから







Category :

あけまして おめでとうございます。

Posted by sleeping girl on   5 comments   0 trackback

輝く 景色の 真ん中に 立って

目の前の色が 鮮やかに広がって

この想いも

この願いも

すべて 包み込まれ

すべて 溶け込んで

たかく…

空の 彼方へ






いきますかぁ~ *\(^o^)/*

明けちゃって オメデトウ(((o(*゚▽゚*)o)))

こちらは、新年を迎える日に、
ふさわしく キラキラした、
いい お天気です。

少し風が、強すぎますが…
そこは、大目に見ますか^ ^

皆さんのところは、どうですか?

さて、今日の この日 この時間に、
ブログを更新する、あたしは…

もちろん 暇人で… はぁ~( ; ; )
可哀想な人で… ( T_T)\(^-^ ) ふぅ~。
慰めてくれるの? ありがとう>_<

って、あたしだって、出かけますよ(^.^)
初詣 ‼︎ なんたって、あそこに並ぶ
出店が好きなんです。

騒ついた感じ、すれ違う人達の、
表情が 柔らかくて…。
なんか、優しい感じで、人が流れて
特別な 空間みたいで…


ここ数年、元旦の お昼に 初詣。
夜は、寒すぎるし、あたしには、
この時間がいいね。

夜 出たら、楽しんでる余裕なさそう…
出店まわり… ^^;



では、行ってきまぁ~す (^o^)/







ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ おっ~と!

みなさぁ~ん

こんな あたしですが、

今年も、ど~ぞ よろしくお願いします。