天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

スポンサーサイト

Posted by sleeping girl on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

reverie

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

言葉をなくしたとき…

涙をなくしたとき…

君は消えていくものだと、

思ってた。




君は、僕に、

叶うはずのない、約束を耳もとで、

優しく囁いて、

泣き出しそうな時には、

屈託のない笑顔で、僕を見つめる。




言葉や、涙をなくしたわけじゃない。

君は、僕の心に住みついて、

僕を上手に、

コントロールしはじめた。





これは……


忘れることはできないと、

分かっている、

僕の心が勝手に創り出す

夢想…。

スポンサーサイト
Category :

seasonal

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

また、会えるかな?

君の笑顔が、見たくって…

君の優しさを、感じたくって…



風が、気持ちよく感じる季節に、

出会って…



もう一度、

あの春の風を感じてみたくって…




気持ちまで、

溶けてしまいそうな暑い夏に、

手を振って…




もうすぐ、秋の風で安らげる…



その風に乗って、

君は、あたしのいる場所まで、

来てくれるのかな?

もうすぐ、会えるのかな?



寒い冬には、君への想いを、

暖めて…



やっぱり、春まで待つのかな?



それでもいい。

待っているから。

Category :

sense of reality

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

目の前に広がる現実を、

受け入れたくなくて、

背を向ける…



鏡に映った現実が、

信じられなくて、

背を向ける…




現実から、逃げ出したくって、

もがき苦しむ、自分を見つめた。



すべてを、まわりと比べて、

見上げては、落ち込んで、

自ら、劣等感を背負い込んで…。





もうひとりの自分は、

分かってる。

気付いてる。


しっかりと、

冷静に、

いつでも傍観している。

Category :

pulsation

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback

何処へいくの?

何も言わずに、背中を向けたまま、

一度も振り向かず…



何がこわいの?

君が、失いたくないもの…って?

教えてほしい…





君が、笑顔を見せるだけで、

君の、声が聞こえるだけで、

君が、近くにいるだけで、

気づかれてしまいそうなほど、

この胸の鼓動が、激しく響く…。





君の、必要とする人…

君の、帰る場所…





行っておいで…。

きっと、また会える。って、

自分に言い聞かせて…。



哀しみや、苦しみで、

締め付けられて、

あたしの鼓動は悲鳴をあげる…

Category :

swim in the air

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

あしたの、あたしは泣いている…



いいえ、きっと無理して笑って

過ごしてる…



何もなかったかのように、

楽しくもない、

仲間の話を聞きながら…

気持ちは、何処かへ…


面白くもない、

バラエティ番組をみながら…

心は、うわの空…




ふわふわ、ふわふわと…。

たどり着く場所を、

必死で探して…



ゆらゆら、ゆらゆらと…。

受け止めてくれる人を、

夢中で探して…




いつまでも、

楽しくもない、

面白くもない、

行くあてのない空中遊泳…。

Category :

abrupt

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

近くにいる、
それが、普通で…


失ってから、気づいたものがある。



変わることのない平面な毎日の中で…
それは突然、やってきた。


感情でさえ、
躰中を突き刺す。

立体を帯びて、
僕の中に拡張する。




突然は、終わりも突然で、
僕の事など、
お構いなしで、
あっという間に、幕を閉じた。




想いを形にする前に、
すべて失った。




残ったもの…




いまだに躰中を突き刺し続ける、
君への渇望…

Category :

after this

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

さよならは言わないで…

終わってなんていない…




必要なものが何なのか、少し悩んで…

少しの間、寄り道が必要で

少しの間、休憩も必要で

だから、また会える日まで

少し時間がかかるだけの事。




まだ何も始まっていない…



それでも時々、

深い闇の中を彷徨って…


となりに、あなたは居なくって…

一人だと気付かされて…



でもね、この深い闇を抜けたら、

あなたに、また少しだけ近づける。



だから、さよならは言わないで…

Category :

no matter how much time passes

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

あの頃より、
戸惑い方が上手になった。
抱え方も、手放し方も…。


そうやって、立ち止まる事を忘れて、
戸惑いながらも、不確かでも、
少しずつ前に進んで…




あの頃より、
嘘をつくのが、下手になった。
笑い方も、話し方も…。


だんだんと、遠ざかっていく記憶と、
拭いきれない愁いと、忘れきれない、
君の存在…





すべてが風化していく…

荒んでいく…




君との記憶と、
君への想いを、
消す術がわからない。
割りきれない想いと過ごしてる。

Category :

drift in the air

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

疲れたの…


何のために、

こんなに無理して、

傷付いて…


ひとりになると、

涙が溢れて、

明日の事も、

一秒先の事さえ、考えたくない…




あたし自身が、涙となって、

真夏の太陽に、照らされて、

あっという間に、

空気中に漂わせてくれたなら…



どんなに待っても会えない、

愛する人のもとへ、

風に乗って逢いにいけたら…


カタチなんてなくていい…

彼の記憶の中に、

あたしは、きっと……



だから、見つめているだけでいい…

彼をつつむ空気でいい…

Category :

two persons

Posted by sleeping girl on   4 comments   0 trackback

いつも遠慮がちに、周りを見回す。

前を見ずに、うつ向き歩く。

そんな二人…




人混みの中では、並んで歩けない。

雨の日の、傘の下がいい。

そんな二人…




心の向くまま、会いにはいけない。

立ち止まる理由が、そこにある。

そんな二人…






もし、君と通じあうことが出来ても…

そんな二人… そんな愛…




すべて分かってる…



それでも、君が離れない…

それでも、君を愛してる…

Category :

unrequited love

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

溢れ出す想いは、

とどまる事をやめない。


溢れ出す涙の、

止め方が分からない。



愛の意味は、片想いで、

心はいつも、孤独。


愛そのものが、フィクションで、

これからも、一方通行。




なぜ… どうして…


そんな言葉達が、

いつまでも付き纏う、

あたしの恋…。

Category :

footprints

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

どれだけの愛を
感じてきたのでしょう…


どれだけの傷を
負ってきたのでしょう…


どれだけの人と、出会って
触れ合ってきたのでしょう…




その人達の中に残された足跡の中で、

どれだけの人が、あたしの足跡に

気付くのでしょう…



それに気付いてくれた人が、

あたしの存在を

認めてくれた人なのでしょうね。




あなたの中に、あたしの足跡…

残っていますか…?

Category :

phantasms

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

君が眠っている間に、

少しだけお邪魔して、

悪戯しちゃおう。




そっと、

君の右手にあたしの左手を、

絡ませて…




君が気づいた時には、

あたしは、その手を引いて

走り出してるの。



久しぶりに会ったあたしに、

少し君は驚いて…

でも、楽しそうに笑って…。



見たことのない様な景色の中を、

二人で走り抜けて…


行き着く先は、出会った日。




ほんのちょっとだけ、

君の夢の中へ、

お邪魔します。




そしたら君は、

あたしの事思い出すでしょ。


しばらくの間、

君は、きっと

あたしの事が気になるでしょ…。

Category :

もう1人のあたしへ

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

忘れない。

いつでも、いつまでも、

心の隙間、埋まることはないから…




数えるんだ。

ひとつ、ふたつ、って思い出を、

君を、近くに感じていたいから…




捨てよう。

不安は何度でも、

君への想いが冷めない限り、

思い出にはならないんだから…






PS. もう1人のあたしへ…


その花が枯れるまで、もう少しだけ
頑張りましょう。

思い出になる時は自然にやってくる…
そう思いませんか?

Category :

名古屋へ

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

これから、チョットした用事で
高速バスで名古屋へ、向って出発!

東京駅まで、2時間…(かなりの田舎に住みついてます。たまに仙人を見かけたり…Σ(・□・;)隣の爺さんだった…)


これから名古屋まで6時間ちょっと…
バスで移動って…

もう、すでに揺られてます!

一月前にも、名古屋へ go! って意気込んで出かけたのはいいのだけど、
着いた頃には、体ガチガチ>_< ……
"ゴキ ゴキ" といい音が響いて
いたなぁ。
なのに、またバス乗ってまぁす^^;



安く済ませるには、これが一番なんだよね…

財布に響くより、
身体に響く方を選んでしまう。

セレブになりたいよぉ~
セレブ、セレブ…そんなティッシュに憧れて….じゃないよ!

ティッシュの商品名宣伝して、決してまわし者ではありませんから(⌒-⌒; )



暑いんだろうな…
海に囲まれて生活している、
あたしには、
厳しい暑さなんだろうな…


帰る頃には、
溶けちゃってちっちゃくなってんだろうなあ…

そしたら、子供料金で帰ってこようっとo(^_^)o!

「無理でしょ!
すごく小さいおばさんになるだけだしぃ 」 って、そこのあなた今、呟いたでしょ。
そのとぉ~り(^O^)



早く用事を済ませて、楽しんでこようっと。前回は、何処にもいけなかったし…

着く頃には、またガチッ ガチッなんでしょうね…

どんな音を奏でるか、楽しみにして…

そろそろ、おやすみなさぁい(_ _).。o○

witchcraft

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

なぜでしょう…



いつもと変わらない日常を

過ごしているはずなのに、

今日に限ってやたらと気になって…


魔法にかけられたかのように、

欲も、夢もすべて叶うような、

根拠のない自信が、湧いてくる。




今、想いを伝えたら、

君はあたしから言葉を

ずっと待っていて、

このまま、お互いの現実から、

逃げ出して二人だけの現実を

新しく創りだす。




そんな、無茶苦茶な事でさえ、

叶うような…




だけどね、

気付くまでに、

時間はかからないんだ…

そんな魔法はすぐ解ける。





あたしの身体が、

さみしさに

食い尽くされた時にかかる、

錯覚という名の、魔法だから…

Category :

Treasure

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

やっぱり、大好きなんだ。



忘れようとしても、

誤魔化そうとしても、

自分の気持ちに嘘は、つけないね…



君の後ろ姿も、細くて長い指も、

はにかんだような笑顔も、

すべてが、あたしの中で、

かけがえのない大切な、

忘れる事の出来ない宝物。



もし、また逢える事があっても、

あたしは、きっと強がって、

君に想いを、

伝える事はないでしょう。



伝えたところで、

何も変わる事はないでしょう。




分かってる…

あたし達は、もう逢うことはない…

もう、逢えない…



だから、君はあたしにとって、

かけがえのない、

大切な宝物になるんだね。

Category :

unchanged love 

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

ずいぶん時間がかかったけど、
やっと、気付いた事がある。


僕のこの想いに、
嘘も偽りも、少しの翳りもなくって、
目をそらしたくなるくらい、
恥ずかしくなるくらい、
真っ直ぐ、君に向かうこの気持ち。


時が経てば経つほど、
想いは強くなるばかりで…


言葉にして、伝えられない理由が、
たくさんあって…


誰にも遠慮する事なく、
この想いを伝える事が出来たらと…



もどかしさの中で膝を抱えて、
悩んで、
涙して…



そんな思いを繰り返し、
それでも、君が一番で…
愛おしく思う。





すべてを伝え、
君が振り向いてくれなくてもいい…

この想いを伝える事が出来ないのも、
それも、仕方ないことで…


僕が、どんな選択をしても、

これから先もずっと、

僕は変わる事なく、

君を愛し続けるだろう。

君を想い続けるだろう。

Category :

Necessary

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

君と出会った事が、必然だとしたら、


君に想いを
寄せてしまった事も必然で、


さよならも言えずに
離れてしまった事も必然で、


君を想い続けて
また会える日を、
待ち続けている今も必然で、


そう信じ、過ごして、
すぎて行く年月も、必然と思って…



一体、何がしたかったのだろう?

一体、あの時の感情は
なんだったのだろう…?と、



気づいた時には、
思い出として、片付けて…




せっかく感情を持つ、

それを自由に操れる生き物に、

産まれてきたのだから、

その時々の流れに、想いを、

任せてみるのもいいのかも…

舵をうまくとって…




最後となる言葉は、

あたしの幸せは、

君との必然的な

出会いから始まった…って、

残したい… 伝えたい。

Category :

At night of the midsummer

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

月も星も、見えない。

こんな、さみしい夜だから会いたい…


会いたい…



どんなに待っても、

君はあたしの心の中で、

毎日同じ笑顔を見せる…


たまには、

恥ずかしそうにしたり、

不機嫌になったり、

怒ってみせたり、

あたしの事、
からかって笑ったりしてよ…



毎日、君の帰りを、

待っているあたしは、

浮かれる人々で溢れる、

真夏のうだるような暑さの中、

心だけは、寒くて、さみしくて…


取り残された様な…

そんな孤独を感じて…

君の体温を近くで感じたくて…




星も、月も見えない、

こんなさみしい夜は、

真っ黒なキャンパスに、

君の姿を描くの…。

Category :

I wish I had wings to fly

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback

あたしが眠り続けて、

空を飛ばないのは、

君に翼を持っていかれたから…



毎日、綺麗にして

君の前で羽ばたいて…


いつか、一緒に飛んで行きたいって、

そう、思っていたのに…



君は、一人で空高く羽ばたいて…



あの時から、あたしは翼を失った…

飛びたつ空の色が違うと感じたから、

君はあたしの翼を

奪っていったんだね…



あれから、あたしは眠り続けて、

うわごとで君の名前を

呼び続けてるの…

Category :

unexpectedly

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

何気なく、行ってみたんだ。

ちっぽけな僕の意思が、
ここがいいって…



何となく、声をかけてみたんだ。

きっと、それは、
ただの暇つぶし…



どういうわけか、笑ってたんだ。

よく分からないけど、
君の笑顔につられて…



理由もなく、さみしくなったんだ。

なんの意味もなく、
過ごしてきた自分に気付いて…



ぼんやりと、浮かんでみえるんだ。

ここから、ひとり出て行った後の、
虚無感に襲われる自分…




確かじゃないけど、

無意識のうちに、

たぶん、きっと、惹かれてる。

Category :

Let's go for it

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

今日のあなたは、弱気だね…

俯いて、何か考え込んで…

どうしたの?


不安な事は、言葉にしてしまえば、

少しは、楽になるかもしれないよ…




寂しかったり、哀しかったり、

せつなかったり…

時に、期待に胸膨らませたり…




同じ思いを感じていても、

あなたが、蹴り上げた小石を、

"頑張れ"って言って、

蹴り返す事は、出来ない。




同じ空の下にいるだけで、

あたしには、

何もしてあげる事が、出来ない。



この空の真っ白な雲に、

願いを乗せて、

' 頑張れ 'の一言を送ろう。


受けとって…もう一人のあたし。

Category :

slightly

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

少しだけ、わずかだけ…




ほんの微量の、ぬくもりでいい…

あたしの、凍りついた体の中に、

注いで欲しい…


少しずつ、溶けだしてく





ほんの微量の、優しさでいい…

あたしの、疲れきった心の中に、

注いで欲しい…


少しずつ、ほどけてく




ほんの微量の、愛でいい…

あたしという、小さな人間を、

忘れないでいてほしい…



そんな、愛でいい…。

Category :

Luminous point

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

夜空に、浮かぶ欲望、失望、

人々の、無力、敗北、失意、傷心…

絶望感の全てが、闇の中を漂う…



僕は、僕…

何度、言い聞かせても、

分かろうとしない… 理解しない。

痛みも、悲しみも、

全てが現実だから、

闇の中に引きずり込まれそうになる。



たった、ひとつの、

小さな光だけを、希望に、

手さぐりで、

必死になって、探してる…

唯一、出口へと続く道を…

Category :

I want word

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback

あたしの、
話し相手になってくれないかな?


他に何も望まない。


あたしが、落ち込んだ時や、

悲しかったり、寂しかったり、

楽しかったり、嬉しかったり、

日々の中、矛盾を感じたり…

そんな、くだらない話だけど…

話し聞いてくれないかな?



まわりはみんな、

薄っぺらな人間ばかりで、

いい人ぶって、口を挟んで、

ある事ない事、話を広げて、

おもしろがって…



あたしの事、

よく知らないあなたなら、

何をはなしてもいい。




あなたなら…

あの時の優しいあなたなら、

否定も肯定もせずに、

" 大丈夫?" って一言、

って声をかけてくれるよね。




ただ、その言葉が聞きたくて…


あたしの、
話し相手になってくれないかな?


それだけでいいの…

Category :

an intangible

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback

晴れ渡った雲ひとつない空に、

思いきりジャンプして、

羽ばたいて…

全身の力をぬいて、

風の力を少しだけ借りて、

何処まで飛んでいけるだろう…



まだ、見たこともない、

まだ、触れたことのない、

踏み入れた事がない、神秘な世界。


そこで、たくさんの物を、

持ち帰ってこよう。



煌びやかな、宝石

願いが叶う、木の実

若返る、水

澄んだ心を持つ、美しい妖精…



そこにある、物すべて、

僕の、欲しいものすべて。







どうして……

飛べない…

僕の力じゃ…



全てを捨ててでも、

妖精だけは、連れて帰ろう。

一緒に飛びたった…

もうすぐ、あと少しで、

僕の住む世界へ…



なのに…

美しい妖精の肌は、

酸化して錆び付いて、

羽根は、傷付いて、

徐々に、消えてなくなった…



何も、残らない…

結局、何も変えられない…



僕は何も変わらない…

Category :

nonexistent goal

Posted by sleeping girl on   3 comments   0 trackback

さよならが言えていたなら…



もう、会えないんだね。って、

伝えられていたら、

君は何て答えていたんだろう。

考えれば考えるほど、後悔ばかりで、

あの日に戻りたいと、願う。





好きになっちゃったかも…



また、会えないかな?って、

聞けていたら、

君は、何て答えていたんだろう。

思えば思うほど、後悔ばかりで、

あの日の時間(とき)の中を、漂う。




全てが過去で、ゴールは見えない。

スタートラインに立つ前に、

あたしは、背を向けたまま、

逃げだした。



そして、忘れる事のできない、

消し去る事のできない、

この想いが、痛みとなって、

今も、あたしを苦しめる…




毎日が、不安定のまま…



また、逃げだせたら、

逃げたす事ができるのなら、

どれだけ楽になるんだろう…

Category :

to obtain something

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

なんだか、最近、空回り ……

伝えたいことも、うまく伝わらず、

する事、なす事、うまくいかない。



僕は、一体何がしたいのだろう…



こんな事する為に、

ここにいるわけじゃない。

求めた、ほしいものを手にいれる為、

ここに来た。



這いつくばってでも、手に入れたい。

なのに…

思えば思うほど、

遠ざかって行くばかり…。



形無いものを、手にするのは、

不可能な事なんだろうか…?

Category :

Stay by my side

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback

繰り返される日常…

あなたが残した、唯一の優しさ。

不平や、不満さえ、遠ざけてくれる。


あの時の、たった一言が永遠に、

救いの光となって、私を包む。




あなたが言った、あの言葉、

あなたが見せた、あの笑顔、

私の弱さの、力になってくれる。


どんな困難にぶつかっても、

躓いて、転んでも、

立ち上がれる強さを、

あなたは、私に残してくれた。




きっと…

あなたは、いつでも、

私の近くにいてくれる。

そう信じてる。

Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。