FC2ブログ

天使のうわごと

ただの寝言です。夢の中。

スポンサーサイト

Posted by sleeping girl on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

freedom

Posted by sleeping girl on   1 comments   0 trackback




            あ た し 達 は き っ と 。 。 。


            隙 間 を 埋 め あ う だ け の そ ん な 感 じ で

            傷 を 舐 め あ う だ け の そ ん な 関 係 で




            な の に そ の 唇 が 忘 れ ら れ な く て
            
            そ の 瞳 の 奥 に
            
            い つ ま で も 残 っ て い た く て



            君 の 一 言 で

            あ た し の 一 言 で

            ふ た り は ど ん な 流 れ に も 逆 ら っ て

            自 分 た ち の 世 界 を 一 瞬 で 創 れ る ん だ



            そ の 言 葉 一 つ で

            あ た し は 誰 よ り も 幸 せ を 感 じ て

            こ の 言 葉 一 つ で

            君 の 笑 顔 に 出 逢 え る




            あ た し 達 は 気 付 か ぬ う ち に

            互 い の 隙 間 に 入 り 込 ん で

            互 い の 傷 を 癒 し あ っ て 。 。 。




            そ し て 気 付 く ん だ

            互 い の 存 在 の 価 値 を 。 。 。





            そ う 。

            互 い に 。 。

            思 い の ま ま に 。 。 。







            

スポンサーサイト
Category :

今年もお世話になりました。

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback


      あと、数日で今年も終わりですね。

      ほとんどブログ更新出来なかったんですが、訪問してくださった方には感謝しています。

      ありがとうございました。


      この場でこんな事を載せるのも。。。と思いましたが、

      最近何やら勘違いされている方がいらっしゃるみたいで、

      ブログという世界の中で、あたしがその方の居場所を奪った的なコメントを残されたり、

      私たちの仲を壊したとか、

      どこかに行って。とかそんなコメントを、数えきれないほどこの1~2ヶ月の間に残され、

      最近は、責任とってもらいますから。とれないならとれるようにいたします。

       なんてコメント残されて。。


      どこの誰かは知りませんが、身に覚えのないことなんで、勘違いですよ。

      それだけは伝えておきますね。


      というわけで、あまり更新もしていない、あたしのところに来てくださった方、

      ありがとうございます!

      来年もこんな感じだと思いますがよろしくお願い致します。


      では、よいお年を!

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback






強いようで弱い自分。

     誰かに分かってもらおうなんて思っていない。。。


     ただ、たったひとりだけでいい!って、どこかで期待してる


     

Category :

0.01 milimeter。。。

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback






               ね ぇ 聞 い て ほ し い よ


               ほ ん の 少 し の 時 間 で い い か ら さ





               飾 り 付 け て い る 僕 で は な く

               な に も 纏 わ な い 素 の ま ま の 僕 を

               君 は 受 け 止 め て く れ る ?




               不 安 で 仕 方 な い ん だ





               あ の ね

               僕 は い つ も オ ブ ラ ー ト で

               包 ん で し ま う ん だ

               こ の 身 体 も 心 も

               言 葉 さ え も





   2014 8 001




              ね ぇ  。 。 。



              今 日 か ら す べ て

              脱 ぎ 捨 て て も 大 丈 夫 か な 。 。 。?



Category :

frosted glass 。。。

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback








一緒にいる。


同じ空間で 同じ景色を眺めて
同じ時を刻む 。

そんな時 とても幸せで
なんの疑いも抱かず。


ただ 。。
ただ 愛してる。


それは 一時の感情だと
何度も気付かせれているはずなのに
また繰り返す。


愛してる。
ずっと一緒にいたい。


君が囁く そんな言葉には
迷いない素直な心が見えなくて


それなのに あたしは 。。。

なぜだろう?
いつも君のそばにいる。


Category :

On thought 。

Posted by sleeping girl on   2 comments   0 trackback



ホントの自由に出逢いたい。。。


もしかしたら 。。。

考えているよりも

苦しいのかもしれない。


それでもこの想いが

間違いではなく 信じるものすべてが

あたしの想いそのままに。

そう信じて過ごせるそんな日々に

出逢いたい。


早く

一刻も早く 出逢いたい。。。

Category :

YOU 。。。

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback




愛おしさの中で
切なさが生きるの。

それは時と場合によって。

切なさの中で
愛おしさが生きるの。

きっと
それも自分次第。

子供のように
はしゃいでみたり。。。

じっと唇を
噛みしめてみたり。。。


いつでも 背中合わせで

なのに
いつでも 抱きしめあえて


いつでも どんな時も
そばにいる そんな君。。。




Category :

Insufficient thing

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback





その笑顔
その仕草
その声
すべてが好きなのは
儚さの中に君が存在(ある)から


疑いながらも
戸惑いながらも
君と
離れられないのは
儚さの中で呼吸を覚えたから


その瞳は
その癖は
その言葉は
特別ではなくて
あたしは
それに気付かないふりをして見せる


君は小さな子供の様に
甘えながら
深い眠りにつくんだ


分かっているはずなのに
なぜだろう?

そのすべてが愛おしい

Sometime surely

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback

  




0912.jpg





               僕 の 中 の 君 は 僕 だ け の も の で

               た ま に 見 え る 隠 し き れ て い な い

               小 さ な 秘 密 が

               少 し ず つ 見 え て き た ら

               広 が ら な い よ う に 抱 き し め て

               キ ス し て 塞 ぐ ん だ



               そ れ で も 僕 の 心 は 結 構 繊 細 で

               抑 え き れ な い 衝 動 に は

               ひ と り 涙 も 流 す し

               ひ と つ ひ と つ 君 を ( 想 い )

               見 つ め な お し て

               自 分 自 身 を 見 つ め な お し て



               お 願 い が あ る ん だ ・ ・ ・

               ねぇ

               僕 だ け の も の に な っ て よ ・ ・ ・

1 degree wish

Posted by sleeping girl on   0 comments   0 trackback



0420.jpg




               神様は 人生の中で

               たった一度だけ 願いを

               叶えてくれるものなんだと

               母から聞いた


               叶えて欲しい願いを

               そっと空に流して

               何年たったのだろう ・ ・ ・

               叶わぬまま時は過ぎて

               忘れかけた 若き日の願いが                                                                                    

               薄れた頃に

               新たに芽生えた願いは

               切なくて悲しい


               叶うことのない願いに

               優しくキスをして

               いつかは届くと

               いつかは願うと

               青き空に 問いかけてみたりして ・ ・ ・


               あの幼き頃の私に そんな夢物語を

               語った母の願いは

               一体 何だったのだろう?



               今なら 分かるようなそんな気がする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。